スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノロじゃない

先週のツライできごと。

ランチのカレーライスを食べたあたりまでは、もしかして花粉症?という程度の
くしゃみの連発だったのに、夕方から体調が激変。

数年ぶりに38度台の熱が出て、気持ち悪いこと、このうえなし。
上から下から滝のよう。

一睡もできない夜の時間がこんなに長いとは…。
トイレとお友達の地獄の一晩が明け、病院へ。

おなかに聴診器をあてて診察したところ、
流行のノロウイルスとは違うよう。

とはいえ、ウイルスの何者かが体内に潜入したのは間違いないとのこと。
熱が出ているのは、そのウイルスと戦っている証拠だというので、
ムリに熱を下げず、ポカリでも飲みながら、しばらく安静するのが良いらしい。

整腸薬などをもらい、一日中、飲み物だけで過ごす。

すると、翌日は少しずつ熱が下がり、食欲も増進。

おお、ウイルスよ、戦いに敗れて消え去ったのか。
散々、苦しめられたので、ざまあみろと言いたい。

それにしても、しつこいウイルスだった。

くしゃみで追い出そうとしたのに、それをすり抜けて体内に入り込み、
まる一日、人の体で大暴れ。

もう二度と、あんなにも苦しい目には会いたくないものだ。

健康って、ありがたい。

情けないことに、実家の親の様子を見に行き、自分が倒れ、
逆に心配をかけてしまった…。いくつになっても子どもは子どもなのだった。

最近、しみじみ思うこと。
健康で、住む家があって、一緒に暮らす家族がいて、三食が満足に食べられて、
安心して眠ることができるとしたら、それ以上何を望むのでしょうか。。。


たぶん、人は、そのうちのどれかを失って初めて、幸福の意味を知る。
スポンサーサイト

いつまで…

…続くのでしょうか?

余震。

1ヶ月経ったのに、一日に何回もグラグラ。
震度4でも、かなりの恐怖。

原発は、レベル7になるし、不安で落ち着きません(泣)。

グラっとくると、またきた~!!!という感じで、
1ヶ月前の震度5強の恐怖がよみがえります。

世界地図を広げてみると、日本って本当に小さい島国。

地球規模?でみたら、こんなに小さな国を揺らすことなんて、
どうってことないのかも…と思ってしまいます。

自然の前では、ただ祈る事しかできないのが、もどかしい。。。

長い日々

あまりに心配性なため、ひとりで部屋にいることができず、
実家や友人の家などを渡り歩き、1週間ぶりに自分の部屋に戻ってきました。

郵便ポストに宅急便の不在通知が4枚ぐらい入ってて、
さっき、再送してもらった「ライブチケット」が届きました。

4月の土曜日に予定していた、福島県「いわき」で開催される予定だったライブチケットです。
行けるかどうかわからないけれど、ツアーの千秋楽なので念のため取っていたもの。

まさか、このような事態になり、中止になるとは想像もできませんでした。

想像を絶するとは、まさにこのことですね…。

こんな時、不安を撒き散らす人と、小さな明かりを灯す人がいる…と、
知り合いが言っていました。

わたしは、恥ずかしながら前者です。
地震と原発が怖くて、どこか遠くへ逃げたいと思い、現実逃避していました。

その話をしたら、「自分に明かりを灯すことから始めればいい」と。

自分をいたわり、優しくしてあげる。

お母さんが不安がっていると、その不安が子どもに伝わると言います。

今すぐ何かできなくても、まずは、「自分」の心を落ち着かせ、周囲にネガティブな空気や
不安を撒き散らさない。

そこから始めようと思います。

この一週間は、一緒にいた家族や友人に、自分の不安感やイライラを
撒き散らしてしまったので、深く反省しています。

もう一つ今できることは、節電。
服を一枚多く着て、部屋の温度を一度下げる。それだけでも節電効果があるそうです。

平常心を保ち、淡々と暮らす。本当に難しい。

ぐらっと余震がくると、いまだドキドキしてしまうし、
揺れてないのに、揺れているように感じたりする。

「地震酔い」というのだそうです。

精神的な不安感が、その症状を増長させるらしいので、
温かいお茶を飲んだり、アロマの香りに包まれたり、
好きな音楽を聴いたりして、なるべくリラックスすることが大切らしい。

慌てふためき、動揺してしまう自分が、今の自分なので、
それを隠すことできないし、そんな自分をププっと笑える
客観的な意識を忘れないでいたいと思います。

一夜明けて

ずっと揺れてるから、眠れなかった…。

都会のど真ん中なのに、大通りから一本入っているので、
窓から外を眺めても、誰も歩いていない…。

みんな、どこへ行ってしまったの?

と、思いつつ、近所のスーパーに買出しに行ったら、
レジに100人ぐらいずつ並んでいる。

食料の確保をするため、水やパン、おにぎりなどがすべて売り切れ。

しょうがないから、冷凍食品と果物を買い込んだ。

ガスも止まってしまった。震度5以上だと、安全ストッパーか何かが働いて、
自動停止するらしい。

自分で復活できる方法がホームページに出ていたけれど、こわいのでそのままにしておく。

もはや、余震が通常化しているので、揺れているのか、揺れていないのか分からないぐらい、
頭がふらふらしている。寝ていないし。

レジに並びながら、前後のおばあちゃんと話した。
「怖ろしかったですね…」「ほんとうに。東北はもっと怖いわね」
「一日一日を大切に生きないとね…」「そうですね…」などと話し合う。


昨日、震度5で揺れているとき、窓の外を見たら、駐車場が波打って、
車が浮いてた。

ずっと、ラジオの生放送を聞いていたのだけれど、
電話がつながらない状態で唯一の情報源だった。

もちろん、テレビも同時につけていたけれど、
ラジオの方が、人の息遣いが聞こえてきて、安心感があった。

それに比べて、テレビは「緊急地震速報」を何度も流し、
今から大地震が来るから備えてください、と繰り返す。

東北が震源ではない別の地震が中越でも起きたと言う。

そして、また大揺れ。

日本、大丈夫か?と真剣に怖くなった。

揺れるたびに、ドキドキするだけで、何をすればいいのか分からない。

これを機に、防災グッズはそろえた方がいいだろうなと思うけれど、
自宅で地震が起きるとは限らない。
今回の場合も、ほとんどの人が職場で地震にあった。
高層ビルで働いている友人は、それはそれは揺れ方が半端ではなく、
命からがら帰宅したらしい。

地下鉄に乗っているときだったら、暗闇を歩いて脱出しなくてはいけない。

できることなら、広い公園の中で暮らしたい。

地震のない国に引っ越したいとさえ思う。
それ以外にこの恐怖から逃れる方法はないのでは。

でも、いい話もあった。
母が、外出先で帰れなくなったら、そばを歩いていた大学生ぐらいの男の子が
道案内してくれて、ずっと一緒に駅まで歩いてくれたらしい。

無事に帰れたようなので、ひと安心。

しかし、ラジオのDJの方とか、テレビのアナウンサーの方とか、
仕事とはいえ、ぐらぐら揺れるなかで冷静に報道し続ける姿勢に頭がさがる。

プロ意識と使命感…。

尊敬します。

こうしている間も、ぐらぐら。
ちょっと、揺れるのに慣れてきた。

いちいち心配していたら心臓もたないし。

友達からのメールで「音楽を大音量でかけてライブハウスだと思えば」との提案が。

そうね。それぐらいの心の余裕が今は必要かもね。

地震

命の危険を感じました。
ぐらんぐらんと長い間ゆれ、棚の上の観葉植物やらなんらやが落ちてきた。

出かける予定だったけれど、午前中に体調悪くて家にいて、
のんきにお風呂入って、着替えて、メイクし終わったときに、
この大地震。

体調よければ、渋谷にいたはず…。

みんな歩いて帰ってるみたいです。

ケータイのメールや電話はまったく通じません。

かろうじて、同じキャリア同士の妹とは連絡が取れ、
会社から歩いて自宅に向かっているとのこと。

自然の前に、人間って無力だと、あらためて感じた。

余震が数え切れないほどあるので、酔ってしまう。
ゴンドラに乗っているみたい。

以前、買っておいた笛と懐中電灯と携帯ラジオをカバンにつめた。
念のため、帽子の中にタオルを入れたものをかぶっている。

ひとりで部屋にいると、家から飛び出したい衝動にかられるけれど、
外の方が危険らしい。

こんな時のために近所に知り合いがいればよかった。

遠くの親戚より…だね。
プロフィール

cherin

Author:cherin
日々のかけら、
移ろうおんな心を
気ままに書き綴っています。

ときどき
本・音楽・映画・旅などの
感想文も☆
・・・・・・・・・・・
about me
197*生まれの
はたらくおんな。

■favorite■
・山崎まさよし
・アロマテラピー
・本屋さんぽ

※本文・写真の
 無断転用・転載などを
 禁止します。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。