スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴ―ギャン展

20090919224410

先日、会社帰りにゴ―ギャン展へ(@東京国立近代美術館)。
今月23日までなので、すべり込みセーフ。

ゴーギャンにとくに興味を持っていたわけではなかったのだけれども、
上司がオススメしてくれた一冊の本「月と六ペンス」を読んで、
居ても立ってもいられず、行ってきたのだ。

月と六ペンス。
お洒落なタイトル。名作と言われるものをほとんど読まずに大人になったので、
このたび初めて読んだ。夜中、3時間かけて一気に。
この小説は、ポール・ゴーギャンの生涯にヒントを得て書かれたもの。

今、この本を薦める理由。「ゴーギャン展へ行け」ということですね?
と、たずねると「このチャンスを逃すともう見られないものもある」とのこと。

わかりました!行ってきま~す!

ということで、美術館に足を運んだ。

連休前の平日夜ということで、美術館は比較的すいていた。
小説の中では、壁面に描かれたという設定になっているあの絵をひと目見たい。

「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」
日本初公開らしい。

このタイトルを聞いただけでも、なんか怖くなる。
会場のクライマックスに展示されたこの絵を見る前に、絵の謎解きのようなフィルムを
見ることができた。

赤ちゃん、老婆、二人の女性、赤い服を着た二人、死と再生を見守る月の女神ヒナ、
禁断の実を手にしようとしているエヴァ…。

テンションが上がってきたところで、いよいよ本物の絵とご対面。

うっ。やはりこわい。。。

赤ちゃん。ぐったりしている。重そう。
土色の老婆と目が合う。夢に出てきそうなので、凝視できない。

熱帯のねっとりした、けだるい空気。
生きる喜びよりも死への不安感、恐怖を感じてしまう。
人は一人で生まれて一人で死ぬ。知ってはいるけれど、
目をそらしたい現実を、見せられたことにショックを受けていると、
背後にいたカップルの男がうんちくを語りだした。
「この構図はさ…うんぬんかんぬん。色彩が…うんぬんかんぬん」。

黙ってくれ。理屈はいいのだ。感じろ。なーんてね。

あー。面白かった。ドキドキした。
美術館で非日常を感じるのもいいものだな。
行こうと思えば会社帰りに行けることもわかったので、
今後はもっと頻繁に訪れようと思う。
秋の夜長の楽しみをひとつ、見つけた。
記念に絵葉書を買って、ご満悦♪

だけれども、家に帰ってまじまじと絵葉書を見る。
「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」
やっぱりこわい。机の引き出しにしまっておこう。
スポンサーサイト

東京ミッドタウン

20070703173746

先日、ようやく東京ミッドタウンに行ってきました。
今頃…という感じですが、平日にもかかわらず混み合っていました。

午前中に国立新美術館で「モネ展」を鑑賞したのですが、
こちらも入場までに40分待ち(!)の大盛況ぶり。

団塊世代よりもっと上の層の人々にとって、
平日だろうが、何だろうが暦は関係ないのですね。

待ってるだけでクラクラで、霞がかったモネの絵を、
おば(あ)さま、おじ(い)さまの頭が並ぶ後ろから朦朧としながら眺めていました。
霞んでいる。そして、光輝いている…(絵が)。

ランチをミッドタウンで食べることにしたのですが、
面白い現象が起きていました。

行列が出来ている店と、そうでない店との違い。

空いてる店の前に行き、メニューを見ると、
「なるほど…」と納得しました。

ランチメニュー2900円の店は空いていて、
ランチ2000円の店はやや行列。
1000円代で食べられそうな店は大行列。

庶民感覚を目の当たりにし、
値段設定をする際の勉強になりました。

そして、私たちは無難な2000円ランチへ。
(大行列に並ぶ根性がないうえ、
美味しいかどうかわからないランチに3000円弱出す勇気がないため)

ガーデンというか、芝生の庭にベンチが並んでいたので、
そこでずっとしゃべっていたら、翌日顔がヒリヒリと。
曇ってるからと油断していたのですが、紫外線は強かったようです。
日頃、昼間に出歩かないため、太陽や風に対する抵抗力が弱っています。

モネの絵に描かれていたような草原とかに行って、ぼーっと日光浴するのもいいな、と
現実逃避しそうになりましたが、実はぼーっとするのが苦手。
何かに熱中していることでストレスを発散するタイプのようです。

だから、ついつい動き回ってしまうのですが、
足腰が丈夫なうちは美術館にいらしたあの方々のように、
あちこち見聞してまわる人生を送りたいなと思います。

国立新美術館

今週のある日、体調がすぐれないので「お休みします」と会社に電話をかけた。
病院に行ったらお医者さんに「心配することありませんよ。疲れがでただけじゃないかしら?」と
言われた。そうかも知れないな(週の頭にシカオちゃんライブに行ったし…)、
と納得して突然元気に。

外に出たらいいお天気。
このまま家に帰るのはもったいない気がして、電車を乗り継ぎ、六本木まで小旅行。
病院の待合室で読んだ情報誌に紹介されていた「国立新美術館」に行ってみよう、
とふと思い立ったのだ。

六本木駅を降りたのはいいけれど、道が分からない。
交番のおまわりさんと、ガソリンスタンドのお兄さんに聞きながら、
徒歩10分ほどでようやくたどり着いた。

今話題の黒川紀章がデザインした建物を眺める。
ビッグウェーブとはアレか…。ガラスの壁が波打っていて、空と緑を反射していた。

待合室で読んだ情報誌によると、美術館内にあるレストランも目玉らしい。
ぜひそこでランチを食べたい。3階まで上ると、ディ○ニーランドの
アトラクションの列かと見まがうほどの行列。
「い、1時間待ち??」とは!
どうしようかな。と悩んでいるうちに、後ろにもどんどん並んじゃって、
ここであきらめたら「負け」るような気がして、根性を出して並ぶことにした。

新国立美術館

↑大きな船のデッキのように見えるところがフレンチレストラン。
ランチはブッフェスタイルだというので、好きなだけ食べられるのかと
思っていたけれど、そうではなくて2皿1800円、3皿2500円をチョイスできるというシステム。
お味は…。特別、絶賛するほどではないし、サービスもいまいちだった。ランチだからか。

それでもお腹がいっぱいになったので、特別展「異邦人たちのパリ」を鑑賞。
誰の絵だか忘れたけれど、大きなキャンバスに塗りたくっている絵とか、
自分が描いた絵を巻物にしてくるくる巻いたり、ビンに入れて封印したりしているのを見て、
可笑しくなった。
芸術って、凡人から見ると意味不明で、天才と狂気は紙一重だなと思う。
何を伝えたいのかは分からないけれど、その絵の前に立つと、
何かを伝えたいっていう「気」のようなものを感じるし、
なぜか気持ちが浄化されたり、発散されたりするのが不思議。

気づけば、美術館のガラスの壁から夕日が差し込んでいて、
すっかり黄昏時になっていた。
20070303184802.jpg

平日だというのに、イスに座る人びとはのんびりムード。
世の中にはこんな時間の流れ方もあるのかと、ぼんやり見つめていた。
でも、毎日が日曜日になったら、それはそれでツライだろうな。
帰りは乃木坂駅から電車に乗った。
美術館に直結しているので、こっちの方が断然便利。

体調が悪かったはずなのに、いつも以上にアクティブな一日を過ごしてしまった。
たまにはこんな日があってもいいのかも。

甘美なジュエリー

子どものころ、スケッチブックに描いた「女の子」と「お姫様」。
フリフリのスカート、チューリップが花開いたようなパフスリーブ、
胸元のリボンは両者共通だけれども、頭の上に飾られた山ぎりカットの
冠が「お姫様」のしるし。

あれから月日が流れて、スケッチブックにお姫様を描くことはもうありません。
でも、お姫様の頭上にかがやく「ティアラ」(冠状の髪飾り)は、
女性にとって永遠の憧れなのです(とくに空想癖があり夢見がちなタイプにとっては)。

そんな女心をくすぐるときめきの展覧会「ティアラ展~華麗なるジュエリーの世界~」
(Bunkamura ザ・ミュージアム)に行ってきました。

ダイヤモンドや真珠、金、銀を散りばめたティアラが100点も会し、
その美しさ、華やかさにうっとりと夢心地。
世界の女性たちの華麗なる歴史を垣間見ることもできました。

花を模したデザインも可愛いけれど、葉の模様もシンプルでキレイ。
荒川静香さんのゴールドのティアラも展示されていました。

ミュージアムショップでカタログを購入。
重いから買うかどうか迷ったけれど、一つ一つのティアラにまつわる
ストーリーもステキだし、写真を眺めても見飽きることがなく、買って正解でした。
眠る前に読んだらプリンセスの夢を見られそう。

070224_1811~0001.jpg

写真は、ミュージアム隣のドゥ マゴ パリで食べた「プリンセスケーキセット」。
彩りも美しいフルーツでティアラを表現しているそうです。まさに、甘美なジュエリー☆

帰り道、渋谷の喧騒が耳に入らないぐらい、心が潤っているのを感じました。
最近は、やらなくちゃいけないことに時間を割くことが多くなっていたけれど、
これからはもっと、こころが喜ぶことを優先していこう、と誓いました。
プロフィール

cherin

Author:cherin
日々のかけら、
移ろうおんな心を
気ままに書き綴っています。

ときどき
本・音楽・映画・旅などの
感想文も☆
・・・・・・・・・・・
about me
197*生まれの
はたらくおんな。

■favorite■
・山崎まさよし
・アロマテラピー
・本屋さんぽ

※本文・写真の
 無断転用・転載などを
 禁止します。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。