スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秘密の場所&焼き芋の坂 in金沢

『8月のクリスマス』の中で一番好きなシーンは、
夜の坂道で、寿俊が由紀子から焼き芋を受け取る場面。

だからどーしてもこの坂道(以下、焼き芋の坂道)だけは
行きたいと思っていました。
旅行の下調べをするうちに、「あれ?あの坂は高岡じゃない」と
遅まきながら気づいたわたし…。
すでに行ったファンの友だちに確認したら、金沢市内であることが
判明しました。
そして、「寿俊が一番好きな場所=秘密の場所」も同じく金沢。

というわけで、2日目の午後は金沢へ。
高岡から金沢は特急で約20分。金沢駅からバスで約15分+徒歩数分で
W坂(石伐坂)に到着。W坂の隣に桜坂(焼き芋の坂道)があります。
文章で説明するのが非常に難しいのですが、
寿俊が好きな場所は、このあたりのいくつかのスポットを
つなぎ合わせてつくられています。
映画では階段を上ると、秘密の場所へ到着するのですが、
実際は秘密の場所と階段が別々なのです!
では、写真でチェック♪

more...

スポンサーサイト

居酒屋Jazz in高岡

宙ぶらりんになっていた『8クリロケ地巡り』の続きを
書きます。

この旅の笑いどころが、寿俊と亮二、男二人が飲み明かした
居酒屋の店内にありました。

izakaya-sotoT0092.jpg

more...

夏の写真館③ in高岡

さて、つづき。
suzuki-bike0039.jpg

▲寿俊愛用のベスパとヘルメット。


suzuki-mado062.jpg

▲印象的な飾り窓は、室内からのぞくとこんな感じ。
パネル写真も数多く展示されています。



more...

夏の写真館② in高岡

写真館を入ると、カウンター。その前にソファ。

suzuki-chair0058.jpg

▲由紀子と寿俊がアイスを食べたソファ。
思いのほか、ふかふか。座ると沈み込んでしまいます。


suzuki-tana0060.jpg

▲カウンターの後ろ。引き出しはすべて、取っ手だけ。
つまり、開かないんですね~。美術さんってスゴイ!
使い古された感じを出すために、わざと傷がついていたりします。
レジには、まさやん手書きの説明書も。
お父さんが、使えるようにすべてに説明書きを入れたんですよね(泣)

☆なんかブログが思うように使いこなせず、写真を複数アップでき
ないので、また次のページへ…

夏の写真館① in 高岡

suzuki-soto0006.jpg

☆先週末に訪れた高岡&金沢の旅をご紹介します。
写真はクリックすると大きくなります。

旅の目的は、映画『8月のクリスマス』のロケ地巡り♪
映画のメインロケ地は、日本情緒が残る美しい町、
雪が降る町という作品イメージから選ばれた富山県高岡市。
山崎まさよしさん演じる、主人公・鈴木寿俊(ひさとし)が
営なむ写真館が、今は「8月のクリスマス記念館」として
映画そのままの状態で保存されています。
残念ながら9月末に閉館される予定だということを聞き、
「思い立ったが吉日」とばかりに友だちと二人、
「8クリ」のロケ地と寿俊の足跡を追ってきました。
**
映画のシーンを思い出しながら、読んでみてくださいね♪

まずは「鈴木写真スタジオ」へ…。

高岡駅からバスで約10分。横田町というバス亭に止まり
降りようとしたら、女性の運転手さんが
「観光の方ですよね?写真館はそちらの道です」と
教えてくれました。
なんと親切な!と二人で感動しながら、小道を入ると…

石畳の小道の先に、見覚えのある「鈴木写真スタジオ」が
映画そのままにたたずんでいるのが目に飛び込んでくる。
思わず「わー本当にある」と叫んでしまいました。

本当に不思議な感じ。
自分が映画の世界に入り込んでしまったような奇妙な感覚。
誰一人歩いていなくて、物音一つ聞こえない。
現実から切り取られた居空間をさまよっているかのよう。

しばし写真館の前でぼーっとする二人。
そして、扉の中へ。
プロフィール

cherin

Author:cherin
日々のかけら、
移ろうおんな心を
気ままに書き綴っています。

ときどき
本・音楽・映画・旅などの
感想文も☆
・・・・・・・・・・・
about me
197*生まれの
はたらくおんな。

■favorite■
・山崎まさよし
・アロマテラピー
・本屋さんぽ

※本文・写真の
 無断転用・転載などを
 禁止します。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。