スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おかえり&行ってきます

海外赴任していた妹が約1年ぶりに帰国します。
よく頑張ったなあ。言葉もほとんど通じない場所で、
泣き言もいわず、たった一人で働いて本当にエライ。
メールのやり取りは頻繁にしていたけれど、
彼女から届くメールは、失敗を笑いに変換した
楽しい文章ばかり。
2泊の小旅行でホームシックにかかる姉とは大違い(笑)。

小さい頃は三輪車で追いかけてきたのに、
いつの間にか、姉を追い越して自分の道をしっかりと
歩いているようです。

more...

スポンサーサイト

山崎まさよしHMA @京都会館 @なら100年会館

セットリストとプチ感想。

more...

夕日と涙

京都・奈良の旅から帰ってきました。
1日目は張り切ってあちこち出かけたけれど、
2日目の奈良でダウン。

大仏だけは見なくては、と出かけた奈良公園で、
シカの獣の臭いにやられ、ますます絶不調に。

夕方までホテルで体力を温存してライブ会場へ。
なら100年会館へと向かう歩道橋から、美しい夕日が見えました。
東京で見る夕日より大きくて、神々しい。
思わず足を止めてデジカメで撮影。
まわりにいた何人かの人も夕日に向けてシャッターを押していた。

1000年前から変わらぬであろう、古都に沈んでいく夕日を
眺めていると、わたしは、なぜ、こんなに遠い西の地まで
一人でやってきたのか、どうして、星の数ほどいるミュージシャンの
中で山崎まさよし、なのか。などと、思索の海に漂流。
一人旅というのは、自分と向き合うにはいいのかも知れないけれど、
落ちようと思えば、夕日と一緒にどこまでも落ちていってしまいます。

more...

イノダコーヒーで朝食を

20060922110931
京朝食 1,050円。
乙女が喜びそうなレトロな空間。

スパイシー

20060922100337

まさやんの開口一番「おいでやす」でスタートした京都会館ライブ。
髪の毛、かなり巻いていました。
きのうは、真夏のような天候だったせいでしょうか。
ライブの感想は後日に。

ライブ後、疲れ果てたせいか、刺激的な夜だったからか、
スパイシーなものを体が欲しているので
「京野菜カレー」(Tawawa)を食べてみました。

加茂なす、伏見とうがらし(甘い)など、
京都の野菜がたっぷりで美味しかった。

ブログを旅のメモ代わりに使っていますが、
果たして更新されているかは確認できず。

そして、昨日学んだこと。
地図の読めない女に、京都地図本、役たたず。

どれだけの人に道を聞けば、たどり着けるのでしょう…。

おいでやす

20060921143315
さすがは京都。
舞鼓さんがお出迎え。
などと、のんきに写真を撮っていたら道に迷う。
でも、ここは日本。聞けば良い。

観光都市のせいもあるのか、駅員さんはとても親切。
そして、京言葉はやわらか。

烏丸線って、からすまと読むらしい。

る はどこへ?

京都へ

20060921133318
爽やかな秋晴れです。
京都行きの新幹線は、お昼時なので、みなさん駅弁タイムに。
わたしも新横で購入した「吉野・熊野地方名産 柿の葉寿司」を
いただきます!
旨い!数々の駅弁を食べてきましたが、これはヒットです☆
い(ワ行)ざきの柿の葉寿司は、神武天皇を祀る神宮の献上品です、
と包装紙にかいてあります。

よく分からないが、有り難い品のよう。
焼きさばとあぶり鮭のコンビネーションが絶妙。
生をしめたものはよくあるけれど、
焼いたりあぶったりしている柿の葉寿司は初めて。
酢の香りがしないから食べやすい。
半生でやわらかく、旨みが凝縮されている。

6個をペロリと食べてしまった。
お腹いっぱいになったら瞼が重く…。
一足先に、隣合わせたおじさんが
いびきをかいて寝ている(笑)。

あと10分で京都に到着。寝る暇なし。
新幹線にさえ飛び乗れば、今の時代、あっという間なんだね。

旅へ誘う本

kyotohon_1123~0001.jpg

三連休の真ん中、みなさま、いかがお過ごしでしょうか?
わたしは勉強漬けです…。今月末に、資格取得のための試験が
あるので最後の追い込みというか、最後のあがき。

気分転換に窓を開けたら、虫の大合奏が聴こえてきました。

秋ですね…。
秋といえば読書の秋。学生のときからそうなのだけれど、
やらなくてはいけないことがあると、本を読みたくなってしまう。
もともと本の虫なので、読んでない本が常に3~4冊手元にないと
落ち着かないのですが、今週は来週の小旅行に備えて
「京都・奈良」関連本を読んでいます。

本屋さんで見つけた「京都地図本」は、超・方向音痴のわたしには
ぴったりのガイドブック。1コイン(500円)で購入できるお手軽さも
うれしい。エリアごとに見開きで地図が出ているので、どうにか
一人で歩けそう。

そのほかの本は「奈良へ行くなら読むといいかも」と友だちが
お勧めしてくれた西岡常一さんが書いた本と、
「枕草子 REMIX」(古典のふるさとということで…)。

教えてもらったとき、西岡常一さんとは誰?と思ったのですが、
法隆寺などを手がけた宮大工棟梁とのこと。

職人さんの書いた本は、面白いというか、カッコイイので、
もともとよく読むけれど、西岡さんも素晴らしかった。
その道一筋に生きてきた人生からにじみ出る言葉にしびれます。
たとえば、
**
技は人間の手から手に引き継がれてきた「手の記憶」なのです。
**
とかね…。

読んでいるうちに、ますます法隆寺に行ってみたくなったけれど、
時間的に難しいかも。
いつもハードスケジュールになってしまうので、もっとゆっくりと
旅してみたいな。

結婚できない男

ドラマオタクの同僚に「今季でイチオシ」と
すすめられて見始めた連続ドラマ『結婚できない男』。

はまってしまった。面白い!
火曜の夜22時が待ち遠しい。

more...

Wショック

いつもにも増してくだらない話題です。
山崎まさよしさんの一ファンであるわたしが
見た残念で悲しい夢の話を書きます。
(ちなみに、まさやん本人は夢の中に登場しません)

では、夢の中へ…。
第一幕では、まさよしのシークレットライブの
チケットが当たらずに落ち込んでいる様子。

どーしても行きたかったライブらしい。

そしたら、もう10年以上会ってない親戚のおばさんから
電話がかかってくるのです。

「山崎まさよしのチケット当たったので送るよ」と。

うれしさのあまり、小躍りするわたし。
夢の中なので、なぜ10年以上会ってない
おばさんが、わたしがまさよしファンであることを
知っているのか?という思考能力は抜け落ちています。

ともかく、ポストの前でチケットが届くのを
ウキウキしながら待っています。

そして、届いた封筒を開けると…。

more...

インタビュー

無名一般人のわたしが、仕事がらみで取材されるという機会に
遭遇しました。

当日は緊張のあまり、5分おきにトイレへ。
同僚に「大丈夫?」と心配されたり、
上司に「聞かれたことを素直に答えればいいんだから、気を使わなくて
    いいんだよ。
    ま、キミはほっといてもマイペースだろうけど、アハハ」
アハハ、じゃないよ。そして、どこかで聞いたフレーズ(笑)。
マイペースに見られがちですが、ものすごく気を遣って生きています。

大学生のときに心理学の授業で「ウソ発見器」にかけられたことが
あるのですが、「測定不可能」になりました。
表情に出ないだけで、内心はドキドキしているのです。
…というわけで、緊張し過ぎて、心拍数は上昇しっぱなし。

more...

愛を注ぐ

20060906120322

♪悔しいけれど オマエに夢中~

物言いたげなセクシィーな口元。
凛々しい横顔。
しなやかな尾びれ…。

先日からわたしの愛を独占しているのは、
まだ名前のない黄色い彼。

離職した同僚の置き土産として、わたしのデスクの上に
やってきました(社内では机の上で魚を飼ってる人が何人かいる)。

朝、出社したら、机の上に待っててくれる生き物がいるって
いうのは感動的です。
朝寝坊のわたしも、あいつが待っているから、早く行かなくてはという
気になります。

彼のお気に入りの場所は、ツボの中のよう。
ちょっとだけ顔を出している姿がこれまた愛し。

仕事をしていても、彼の様子が気になり、水槽ばかり眺めてしまう。

水槽の中に、カルキ抜きの水と愛を注ぎ、一方的に尽くす女と化してしまった。
この熱い想いは届いているのでしょうか??

紙屋悦子の青春

月末ではなくて、月初になってしまいましたが、
きのう、岩波ホールにて『紙屋悦子の青春』を観てきました。
友だちに「渋いね。岩波ホールとは」と言われましたが、
初めて訪れました。とてもレトロな佇まい。
スクリーンが小さく感じるのは気のせいでしょうか(笑)?

さて、映画について…。
戦時中の鹿児島に暮らす女性の物語。
戦争により平凡な日常が途切れていく様子を
淡々と、ときにユーモアを交えて描かれています。

原田知世と本上まなみ、という透明度の高い女優さん二人の
陰と陽を思わせる対照的な人物描写が印象に残った。

とくに、本上さんのイメージが変わりました(笑)。
間の取り方が絶妙で、観客を爆笑の渦に巻き込んでいた。

切なくも悲しく美しいお話なのだけれども、
やはり共感するのは難しい。
時代背景と戦争によって、現代で暮らすわたしとは
感受性も生き方もまるで違うから。

more...

プロフィール

cherin

Author:cherin
日々のかけら、
移ろうおんな心を
気ままに書き綴っています。

ときどき
本・音楽・映画・旅などの
感想文も☆
・・・・・・・・・・・
about me
197*生まれの
はたらくおんな。

■favorite■
・山崎まさよし
・アロマテラピー
・本屋さんぽ

※本文・写真の
 無断転用・転載などを
 禁止します。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。