スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/10 ジュウブンノキュウ

面白いと聞いたので、気合を入れて観に行った映画
9/10 ジュウブンノキュウ」。
気合が入るには理由があります。レイトショウのみの上映だから。
次の日のことを考えると、足が遠のく時間帯…。

でも、客席はけっこう埋まっていました。

卒業後、7年ぶりに集まった元高校野球部員の全メンバー9人。
7年前に埋めたタイムカプセルを開けるには、
一人一本ずつの鍵が必要。
けれども、なぜか鍵穴は10個あり…。
すれ違う会話、噛み合わない記憶。

ほぼ全編が、古い洋館の中の9人の男性の会話によって
進行していくという、異色の(?)シチュエーション・ミステリー。

more...

スポンサーサイト

さようなら

先日、昔住んでいた街を訪れました。
懐かしいので、通っていた小・中学校を
見学してみることに。

まずは、中学校。こんなに小さかった?
校庭をぐるぐる走った記憶の中では、1周は永遠に感じるほど遠かったのに。
校舎のてっぺんに取り付けられた時計は、当時のままだけれども、
ずいぶんと古びていた。
サッカー部の男の子を教室から眺めていた窓も、透明度が落ちている。

さ・よ・な・ら~、淡い恋心。

続いて小学校へ。
校門の前で足が止まりました。

ない。校舎がない…。
あるのは広い校庭の片隅に建てられたプレハブのみ。
そして、建て替え中の工事現場。

more...

チケット

ずっとずっと先のことだと思っていたのに、
山崎まさよしHMAツアー関東まで、
1ヶ月を切っているではありませんか!

イベンター枠のチケットも届いたようで、
うれしいけれど、寂しい気持ちも…。
終わりが近づいている。

こんなことなら千秋楽のチケットを確保しておけば良かった。

というわけで、もしも余っているという方がおりましたら、
ご連絡をお待ちしています…。

いつもこうなるのだから、最初から計画をたてておくべきでした。
とはいえ、チケットはどこか巡り合わせであると感じることも。
手に入らなければ、縁がなかった、とあきらめます…。

牧歌的、そして原始的

ゴールドコーストは、海だけではなくて内陸部へ行くと
牧場や、手付かずの熱帯雨林が楽しめます。

ぼくじょうとり

▲山の上にある牧場。置物みたいにこっちを見てるふわふわの鳥が二匹。
そして、緑の丘で草を食むのは…

アルパカ
アルパカという、ここにしかいない珍しい動物。
癒し系です。写ってないけれど、足が短い。

牧場を越え、ユーカリの林を抜けると熱帯雨林へ。
熱帯

▲原色の野鳥。森の中はマイナスイオンたっぷり。大きく深呼吸。

気温差も激しく、寒い。だから当然、「トイレはどこ?」。
ここにはありません、とガイドに言われ、泣く泣くバスへ。
凸凹道を下り、もう限界です…という一歩手前でお店に到着。
内股で駆け込む同僚の女子が数人。だから原始的スポットはイヤなのだ。
わたしはやはり、多少空気が汚れていても都会で暮らしたいと
思いました。自然いっぱいのところに行くと、落ち着かない。
不安になる(その大きさに圧倒される)。そして、寂しい。
旅に出て気づくこと。
帰る場所、今いるところが一番居心地がいいってこと。

うみ

ゴールドコーストの海。泳いでる人もたくさんいたけれど、
紫外線(何と日本の5倍!)が心配なので眺めるだけ(笑)。
日焼けはお肌の大敵です。

かもめ
美人なかもめ。
そういえば『かもめ食堂』のDVD買ったのに、まだ観てなかった。。

どうぶつパラダイス inオーストラリア

ひとり語りの記事が続いたので、気分をかえて
旅レポを書きます♪
先日のオーストラリア旅行で出会った動物たちをご紹介。
写真はクリックすると大きくなります。
カンガルー
▲カンガルーより、鼻ぺちゃ坊やが可愛いのです。

カンガル赤ちゃん
▲カンガルーのベイビーVSヒトのベイビー。
暑さのためか、動物園内のカンガルーはぐったりモード。
でも、赤ちゃんカンガルーは元気いっぱいで、ファイティングポーズ。

えみゅ
▲飛べない鳥。エミュー。


木登り
▲木登りカンガルー。するすると木の上へ。

この動物園でコアラを抱いて記念撮影も(笑)。
動物の種類ごとにゲートで仕切られているだけなので、
触れ合うことができます。実はあまり動物に触れたくないと
言ってしまうと、非人間のようですが、苦手。
(嫌いなわけではありません)
だけど、珍しい動物が多いので、おそるおそる近づいてみました。

みんな悩んで

大きくなるのさ。
と、感じられるようになった今日この頃。。

仕事で、同年代の女性たちの悩みや葛藤、迷いなどについて
直接会って話を聞く機会がありました。

元気で楽観主意に見える彼女も、毒舌で淡々としている彼女も
明日が見えず途方に暮れる瞬間があるのです。

とくに、30歳前後の女性の悩みは複雑。
恋愛、結婚、仕事…と複雑にからみあって、
どこからほどいていけばよいのか。
自分自身も同じような不安を抱えているので、
深く共感できます。

最近はこんな風に考えるようにして、気持ちを立ち上げるように
しています。
悩んで考えた分だけ、心のひだは細かくなる。
人の痛みを感じられるようになる。

悩んで考えた時間はムダではなくて、次のステップへと
歩き出すための大切な時間。

最初に戻るけれど、つまり、人は悩んで大きくなるのだと
思います(笑)ただし、悩んでいる時間は短めに。
すみやかに行動に移すことも必要ですね…。

キレイ

今日は朝から水槽の掃除♪
はえたコケも歯ブラシで磨いて、水も換えて。

透明感がよみがえり、魚くんも気持ちよさそうに泳いでいる。

住まいがキレイになると心地いいよね。
なんだかわたしも気分がいい。
仕事もすいすいはかどりそう。

アレから(先週末から)、いろいろ考えてみたけれど、
どうやら発想が陳腐になっていたような気がする。
頭の中に酸素を送り込んで、ゆっくり整理してみたら、
「やらなくちゃいけないことがいっぱい」なのではなくて、
「やりたいことがいっぱい」ありすぎて時間が足りないのだ。

自分から手をあげたことを忘れるなんて。

魚くんが涼しい顔してこっちを見ている。

やや洗濯日和

20061014182834

窓を開けて部屋の中で寝っころがって写真を撮ったら、
こんな空だった。

いまいちな天気だけど、洗濯ものが山ほどたまっているので
朝から洗濯機を5回もまわした。ぐるぐるぐると。

スーツケースの中もようやく空っぽになり、
散らかっていた部屋もほんの少しだけ整理整頓された。

しなくちゃいけないことがない休日。
やすまる。これこそが休日と呼ぶにふさわしい。

きのう、店をのぞいたら、来年のカレンダーや手帳が並んでいた。
一年って早い。

空白に予定を書き込む。
とどまらず、前へ進むために。

だけど、空白が埋まるごとに、時間に追われていく。

このジレンマから解放されるときがくるのでしょうか…。

帰国☆

社員旅行で訪れたコアラの国より
無事に帰ってきました♪

飛行機で8時間。赤道を越えて南半球へ。
季節は春でした。

帰国翌日から仕事だったので、
あわただしい日々を過ごしていますが、
旅の土産話はまた近いうちに~☆
プロフィール

cherin

Author:cherin
日々のかけら、
移ろうおんな心を
気ままに書き綴っています。

ときどき
本・音楽・映画・旅などの
感想文も☆
・・・・・・・・・・・
about me
197*生まれの
はたらくおんな。

■favorite■
・山崎まさよし
・アロマテラピー
・本屋さんぽ

※本文・写真の
 無断転用・転載などを
 禁止します。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。