スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うれしいお知らせ

FCの会報が届いて、うれしいお知らせを目にしました。

ようやく。長かった。

下半期のスケジュールを調整したいので、
日程だけでもなるべく早くお知らせいただけると、うれしいのだけれど。

うれしい話題を友だちと分かち合いたいのに、
ケータイの電池が途中で切れた(泣)。
充電器は会社に置きっぱなし。

というわけで、週明けまでケータイによる連絡は取れません。

ケータイがなかった時代って、いったいどうやって連絡を
取り合っていたのか…というぐらい、人類の必需品になりつつ
あるということが、なくなってみると分かります。

一番困るのが電話番号。
電話番号を覚える、ということをしなくなったので、
職場の電話番号さえ覚えていません。
もしかしたら、自宅の電話番号もあやしい。

いまや、頭脳の一部となり、記憶という役割も担っているケータイ。
もっと大切に使わないといけないわ。
充電切れの「ピー」という力尽きる音が
とても切なかったです。。
スポンサーサイト

雨降らず

梅雨入りした途端、雨降らず…。
しかも真夏のような日々が続いています。
出勤するだけで干からびてしまいそう。

一方、電車の中はキンキンに冷え過ぎている。
クールビズはどこへやら。
オフィス街を歩いていると、室外機から熱風が。。。
室内や車内温度をもう少し上げたら、
外の温度がこんなにも上がることはないのではないでしょうか。

地球温暖化は人ごとではないと思う今日この頃。
テレビ番組で見た南極のペンギン。
氷山がとけて居場所がどんどんなくなり、
小さな氷の浮き島に身を寄せ合って生きていた。
生まれた子どもにエサを与えるために、何度も何度も
海にもぐるけれど、泳ぎ疲れた時に体を休める氷が今はなく、
荒波にもまれる親ペンギン。

知らなかった。温暖化の恐ろしさ。

まずは知ること。意識を変えることが重要かも知れないな。
わたしができることとといったら、
まずは社内の設定温度をさりげなく上げて、
最寄り駅の駅係員に車内温度を
どうにかしてください(凍えそう)と伝えるぐらいだけど。
あ、でも、きっと、スーツを着てるサラリーマンに
合わせているんだろうな。だから、クールビズをもっと
徹底させなくてはいけないのだ…と、堂々巡り。

梅雨入り

関東が梅雨入りしたそうなので、
ブログのテンプレートも「雨」模様にしてみました。

あじさいもあっという間に色づき始め、
6月らしい風景に。
週末には新しい傘を買いに行こう♪

暗号のような

仕事で女子向けコンテンツを運営しているので、
ときどき10代の女の子からメールが届きます。

この世代ならではのギャル文字(?)を駆使して送ってくるので、
非常に読みにくい。

その規則性がわからず、難読極まる。
まるで暗号を読み解くかのよう。

分析・解読してみると、どうやら母音や助詞を
小さくしていることが多い。
そして、数字はなぜか○で囲まれる。

例文  「ぁたしにゎ」→ 正解:わたしには
 
    「ぅち今付き合ってる人が②人ぃます」→
    正解:わたしは今付き合っている人が二人います

  「どぅすればぃぃのでしょぅ」→正解:どうすればいいのでしょう

   小・中学生の恋のお悩みは、「ダブり、かぶり」が多い。

 好きな人が2人いる(どっちも同じぐらい好き)。
 もしくは、友だちが好きな人のことを好きになった(友だちには言えない)。
 というものがほとんど。

  なんだか羨ましいわ。2人も好きな人がいるなんて。
  恋するエネルギーをほんの少し分けてもらいたいものです。
 

みなとみらい

20070604113417

週末、久しぶりに桜木町へ行った。
もしかすると、赤レンガのYMAC以来かも。
と言いつつ、違うかも。いつどこへ行ったかという記憶があいまいになりがち。
誰と、を忘れるよりはささいなことなので気にしないようにしよう。


みなとみらいの風景は、その名の通り近未来的で、
アトム(鉄腕)とかドラえもんとか飛んでいても違和感がない。

桜木町といえばワンモア。
♪こんなとこにいるはずもないのに
と心で歌う。
まさやんが住んでいた頃とは様変わりしているのだろうな。
東横線の桜木町駅がなくなってから、だいぶ経つ。

月日や風景が移ろっても、うたの世界観は古びるどころか、透明度を増している。
きっとこれからもずっと。

そんなことをぼんやり考えている間も絶え間なく隣りを歩いてる友達が何かしゃべっている。
驚くべきパワー。
ひとまわりぐらい年上だけど、わたしより元気百倍。
若さの秘訣って、いい意味でどこか自己中(心的)なところが必要なのだと思う。
世間体とか役割とか、何歳だから…とか、
そんな枠組みを取っ払っている人って、年齢不詳だもの。。。
多少は見習おう。

熱帯魚の性格

今日から6月。雨。

大きな勘違いをしていました。
↓で、「2007年もあと半分」と書いたけれど、
7月からが下半期だということが判明。

何かにせかされている証拠だわ。
スローダウンさせないといけない。

わたしが飼っている熱帯魚を観察していると、
彼(彼女かも知れない)もまた慌てふためいている。

小さな水槽をところ狭しと(ムダに)泳ぎ回り、
ときに、砂を口から吐き出してみたり、水槽の角に頭突きしたり、
後ろ泳ぎ(後ろに進む)、背泳ぎ(逆さまになる)などワザの鍛錬に余念がない。

さらに、吐き出した砂で山を作り、
毎日のようにレイアウトを変えている(部屋の模様替え)。
誰を招待するわけでもないのに、気分転換だろうか。

好奇心旺盛で、なかなか創造力にあふれた熱帯魚。
飽きっぽくて、気分屋なところも見受けられるけど。

同僚が飼っている同じ種類の熱帯魚は、
ツボの中にずっと引きこもっている。
ほとんど動かない。
人が通ると、隠れる。
臆病なのだと、飼い主が小さな声でぼそっと言う。

熱帯魚にも性格ってものがあることを初めて知った。
うちの子(魚)の方が顔立ちも愛嬌があって可愛い。
ひまな時に、顔アップの写真を撮り、魚好きな知り合いに送りつけている。

親バカな親の気持ちがちょっぴり分かってきた。
プロフィール

cherin

Author:cherin
日々のかけら、
移ろうおんな心を
気ままに書き綴っています。

ときどき
本・音楽・映画・旅などの
感想文も☆
・・・・・・・・・・・
about me
197*生まれの
はたらくおんな。

■favorite■
・山崎まさよし
・アロマテラピー
・本屋さんぽ

※本文・写真の
 無断転用・転載などを
 禁止します。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。