スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晴男と雨男

オーガスタキャンプ2007に行ってきました。
また一つ伝説を作った雨男、シカオちゃん。
雷鳴轟き、「アウトドア感覚」(意味がよーく分かりました)の
ドームに横雨が吹き込み、それはそれはドラマチックな演出でした。
10周年、おめでとうございます♪

そういえば、シカオトリビュートは、まさやんが発起人であると
社長がおっしゃっていました。
心を打たれます。

more...

スポンサーサイト

アウトドア感覚

来週末はAC。
届いたチケットがこれまでにない良席のようなので、
気分が盛り上がってきました☆

会場のHPを見たら、気になる注意書きが。
「グッ●ウィルドームは自然の風が通り抜けるアウトドア感覚のドームです」

アウトドア感覚?
屋根付きだから日焼けもせず安心!と思っていたのに、これはどういう意味?と
不安になり、問い合わせてみました。(何しろ、紫外線はお肌の大敵)

「アウトドア感覚とは、どういうことでしょう?
アリーナ席に屋根はついているんですよね?」

案内:「アリーナ席??…  …  …。あ、コンサートですか?」

「あ、ごめんなさい(笑)。そうです。野球だったら中に入れないですものね、スミマセン。
日焼けが心配なのでお伺いしたいのですが、屋根は一部にしかついてないのですか?」

案内:「全体に屋根がついておりますので、陽が差す心配はありません。
まわりが木に囲まれていますので、風が通り抜けますが…」

「木???」

どういう構造なのでしょう??
「アウトドア感覚」がいまだに想像できないのですが、
とにかく屋根がついているようなので、ひと安心。

たぶん、空調が自然任せなのではないでしょうか。
暑いかも。。
長丁場になりそうなので、飲み物・食べ物を十分に用意しないと。

昨年はパスしたACですが、今年は久々に祭り気分を楽しもうと思います♪

注意一秒

朝、駅まで自転車をこいでいたら、
濡れた長い髪の女性が猛スピードで駆け抜けていった。

わたしを追い越すとは100年早いぞと思いつつ、
彼女の慌ただしい朝を想像した。

起きるやいなやシャワーを浴び、
髪が乾ききる前に家を飛び出し自転車をこぎ出す。

その時だった。
前方の彼女が車にぶつかった。

歩道の切れ目、T字路。彼女も車も一時停止をしなかった。

すぐに自分で起き上がったので、幸い、命に別状はなさそう。

注意一秒、怪我一生…。
他人の振り見て我が振りなおせ。

体を張ってまで死守しなくてはいけない用事などないはず。

いつも余裕のない朝を過ごしているので、
彼女の姿は自分に重なる。
湯船派なので、朝、お風呂に入ることはないけれど。

いずれにしても、明日からは気を引き締めて自転車に乗ろう。
そして、風景を眺めて季節の移り変わりを感じられるような
ゆとりのある朝を過ごしたい。。

恐怖…

乗っていた電車が車両事故の影響を受け、
まっくらなトンネルでストップした。

時間にするとほんの数分だけれども、
数年前の恐怖がよみがえり、
冷や汗が出て心拍数が上がり、手が震えてきた。

とても落ち着いて乗っていられる状態ではないので、
次の駅で降りた。

やっぱりトラウマになっているのだ。。
数年前、出張先で一人で乗っていた長距離バスが
事故渋滞にはまり、2時間ぐらい閉じ込められた経験がある。

それ以来、長距離バスには乗れず、逃げ場のない狭い空間に
閉じ込められるのも耐えられなくなっていた。

電車は平気だと思っていたけれど、今回みたいに動かなくなると
恐い。

人災、天災は容赦なくおそってきて、抗うことができない。
昨日の地震のニュースをテレビで見ていても、心底恐ろしくなる。

安心、安全に暮らせる場所があるのなら、そこで心おだやかに
暮らしていきたいな、と願う。。

恋の遺伝子

窓の外でひぐらしがないている。
今年の初音。
もう夏なのね。

ここで一句。

夏なのに
恋の遺伝子
ないと言う



女子何人かで食事している時、
近況報告(色恋沙汰を期待)をし合っていたら
友人がおもむろに「何もない。
たぶん、わたしには人を好きになる細胞が
ないんだと思う」とつぶやいた。

「遺伝子レベルの話かい!」と突っ込みを入れつつ
笑ってしまったけれど、人のこと笑えない。
あれからいろいろ考えたら、とても奥深い言葉だと思う。

たしかに、恋多き女っていうのは天性のもの。
だとしたら、逆もあるはず。
「ちょっといいな、あの人」と思う確率が、
恋多き女の100000分の1ぐらいしかないような気がする。
友人もわたしも…。それは細胞がない、もしくは少ないからなのか。

これを証明できたら、ノー●ル賞とかもらえる大発明になるかもね。

真夏の浜辺で

20070709192701

たった一曲を目当てにフルアルバムを買うのは若干の勇気がいります。

何となく訪れたCDショップで視聴ができたので、
『Grand Blue』の11曲目「Soul Hood」をセットオン。

キャー。まさやん…。やばいです。かっこ良すぎます。
テクニシャンぶりがたまりません。
日頃、ヘッドフォンで聴かないせいもあるけれど、
耳もとのインパクトにやられました。
買うかどうか迷っていた心はどこへやら。
CD一枚を手に持ち、ふわふわとレジへ歩いて行き、お買い上げ。

1トラックだけリピートして聴いていると、
部屋の中が真夏の浜辺に変わります。
そして、踊りたくなる。
この曲に続いて「低気圧ボーイ」を聴きたい。

ジャケ写の小さなプリンセスが、おしゃまで可愛い(写真)。

本格的な夏の訪れとともに、まさやん熱もジワリ上昇中。
秋の野外ライブも楽しみ。

ライブにそなえて体力つけようと、
とあるダンスを始めました♪
スタイル&体力アップを目指します!

習い事ばかりが増えていき、そして熱しやすく冷めやすいから、
いつまで続くか分かりませんが(笑)。

東京ミッドタウン

20070703173746

先日、ようやく東京ミッドタウンに行ってきました。
今頃…という感じですが、平日にもかかわらず混み合っていました。

午前中に国立新美術館で「モネ展」を鑑賞したのですが、
こちらも入場までに40分待ち(!)の大盛況ぶり。

団塊世代よりもっと上の層の人々にとって、
平日だろうが、何だろうが暦は関係ないのですね。

待ってるだけでクラクラで、霞がかったモネの絵を、
おば(あ)さま、おじ(い)さまの頭が並ぶ後ろから朦朧としながら眺めていました。
霞んでいる。そして、光輝いている…(絵が)。

ランチをミッドタウンで食べることにしたのですが、
面白い現象が起きていました。

行列が出来ている店と、そうでない店との違い。

空いてる店の前に行き、メニューを見ると、
「なるほど…」と納得しました。

ランチメニュー2900円の店は空いていて、
ランチ2000円の店はやや行列。
1000円代で食べられそうな店は大行列。

庶民感覚を目の当たりにし、
値段設定をする際の勉強になりました。

そして、私たちは無難な2000円ランチへ。
(大行列に並ぶ根性がないうえ、
美味しいかどうかわからないランチに3000円弱出す勇気がないため)

ガーデンというか、芝生の庭にベンチが並んでいたので、
そこでずっとしゃべっていたら、翌日顔がヒリヒリと。
曇ってるからと油断していたのですが、紫外線は強かったようです。
日頃、昼間に出歩かないため、太陽や風に対する抵抗力が弱っています。

モネの絵に描かれていたような草原とかに行って、ぼーっと日光浴するのもいいな、と
現実逃避しそうになりましたが、実はぼーっとするのが苦手。
何かに熱中していることでストレスを発散するタイプのようです。

だから、ついつい動き回ってしまうのですが、
足腰が丈夫なうちは美術館にいらしたあの方々のように、
あちこち見聞してまわる人生を送りたいなと思います。
プロフィール

cherin

Author:cherin
日々のかけら、
移ろうおんな心を
気ままに書き綴っています。

ときどき
本・音楽・映画・旅などの
感想文も☆
・・・・・・・・・・・
about me
197*生まれの
はたらくおんな。

■favorite■
・山崎まさよし
・アロマテラピー
・本屋さんぽ

※本文・写真の
 無断転用・転載などを
 禁止します。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。