スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サクラ

20080328174650
今年も千鳥ヶ淵の桜が満開になりました♪
九段下駅の長い階段を上がると、目に飛び込んでくる夢のような風景。
「うわぁ―キレイ―」と感嘆の声をもらさずにはいられません。
今週末がお花見日和とのことですが、わたしは来週末の予定。
少し遅いかも…。
スポンサーサイト

地上5センチの恋心

知人に「温かい気持ちになるから♪」とすすめられた
「地上5センチの恋心」を観てきました。
映画づいています。
昨年、あまり観られなかったから今年はなるべく足を運びたいな、と。

大雑把な感想としては、「フランス人に大絶賛」された作品と
私の相性がよろしくないようです。

気を取り直して、あらすじ…。

more...

魔法にかけられて

週末、プリンセスと白馬の王子様が登場する
「魔法にかけられて」を観てきました♪

アニメと実写がリンクするディ●ニー史上「ありえない」映画というふれこみでしたが、
たしかに内容もある意味リアルというかシビアというか、大人向けという感じがしました。
(映画館にはプリンセスに憧れるちびっこも多くいましたが…)

というより、観る側の心理により、いかようにも解釈できる映画かもしれません。
現に、一緒に観に行った夢見がちなお方は「ハッピーエンドで楽しかったね☆
歌って踊りながら毎日暮らしていくと、人生バラ色になるっていうことだよね~」と、
目の中にハートを宿して感想を述べていましたから…。

簡単にあらすじ(前提)を述べると、おとぎの国で暮らすプリンセスは、
運命の人である白馬にのった王子に出逢い、お互いに一目ぼれ。
けれども、王女の座を奪われたくない魔女のたくらみにより、結婚式当日、
プリンセスは「幸せがいつまでも続かない世界」である現代のニューヨークに
突き落とされてしまうのです。

プリンセスを追いかけて王子や王女の使いやらが現代にやってきて…。

more...

卒業アルバム

街を歩けば、袴姿の女子大生を見かけます。
卒業シーズンなのですね…。

先日、押入れの中のものを引っ張り出して、探し物をしていたら、
卒業アルバム一式が入ったダンボールを発見しました。

以前、引っ越しの際に、私の幼稚園から大学までの卒業アルバムだけを
一つの箱におさめたことを思い出しました。

ひとりで眺めるのもつまらないので、階下にいる母親を呼び、
一緒に一冊ずつめくっていくことにしました。

まずは、幼稚園の卒園アルバム。
なぜか白黒です(もちろん、私が生まれた時からカラープリントです)。
昭和の匂いがプンプンします。
残念ながら幼稚園の記憶がほぼないので、
並んで写っているクラスメイトの顔を見ても、何も感じません…。

けれども、母は記憶が刻まれているようで
「ほら、隣に写っている●●ちゃんが、
幼稚園の下駄箱でcherinに靴を履かせてくれていたんだよ。
しっかりした子だったね。
cherinは、みんなが世話を焼いてくれるのをぼーっと見ていたね…」
なるほど、記憶がないはず(笑)。

more...

ムズムズ

電車に乗っていると、半分とまでは言いませんが、
約3~4割の人々がマスクをつけています。

わたしもここ最近、なんとなく鼻がむずむずするので、
予防のためマスクをつけて出社しました。

すると、すでに花粉症の方々が笑顔になり、
ウエルカム、花粉症♪という感じで、歓迎ムードにあふれています。
そして、花粉症同好会とでも呼ぶべき、連帯感。

「いや、でも、これまで花粉症になったことないし。
たぶん、違うと思う」と同好会への入会をさりげなく拒むと、

「ふふふ。去年までと今年は違うから」と、意味ありげな言葉で入会を進めます。

そんなにも仲間が増えることがうれしいのでしょうか。
花粉症仲間が増えたからといって、自分の症状が軽減されるわけでもないのに、なぜ?

花粉症以外の…たとえば、風邪が流行ったとしたら、
同じようにマスクをしていても歓迎されることはありません。
むしろ、うつるから、近づかないで、という暗黙の防御体勢に入る人も多いでしょう。

そっか、花粉症はうつらないから、一定の距離感を保つことなく、
連帯感を味わえるということなのね。

奥が深い、花粉症心理。
さらに観察してみます。

うららかな日曜日の午後

すっかり春ですね。
窓の外ではうぐいすが鳴き、見上げると桃色の梅が咲いています。

昼間からお風呂に入り、のんびり半身浴し、髪の毛が半乾きのまま、
パソコンに向かっています。
母親が近所から帰宅したら、一緒に駅前まで夕飯の買い物に行く予定。

こんなにのんびりした日曜日は久々です。

時には立ち止まるってこと、大切だなと思うようになりました。
何かにせかされ、走ってばかりだと、まわりの景色を楽しむ余裕も
なくなってしまうから。

2、3日前に、本当に久しぶりにお芝居を観に行きました。
とても楽しくて、面白くて、笑って、時間があっという間に過ぎていきました。

帰りの電車の中で思ったのは、このところ、仕事のことばかり考えていて、
それこそ、通勤途中もお風呂に入っていても、寝る前も、夢の中でもずっと、
仕事のことが頭から離れなくて、空っぽになる時間がなかったのだな…と。

こんな状態で、人を楽しませる企画なんて浮かぶわけないのに。
一歩ひいて、自分を笑えるぐらいの客観性と心の余裕がないと、
面白いもの、楽しいもの、夢があるものは作れないのだ、ということに
あらためて気づきました。

心に栄養を与えてくれた、ステキな舞台に感謝☆
これからは、自分が楽しいと感じることを優先して、
心にジャブジャブと水やりをしていきたいです。

春は出逢いの季節だし、冬眠生活もそろそろ終わり。
駅前まで出かけたついでに、春服も買ってこよう♪

真夜中のストレス

新曲&DVDをゲットしました♪
わが家のテレビもデカくなったので、まさやんが等身大…のように見えます。

追加公演から3ヶ月。ものすごい過去に感じる。

あれ?
まさやんの顔が鼻から下しか見えなかったり、今こそ表情を見せてくれ!という時に手元アップのみ。

ストレス感じる。
このカメラワ―ク。
そして、オフショットがピンぼけているのですが。
不良品??

カメラや編集の腕より、まさやんのライブをそのまま見せて欲しい。
足したり引いたり、演出いらない…。

でも、映像を見てしまうと、一日も早くライブに行きたくなる。
夜遅いので、CDはまた明日、ゆっくり聴きます。
実は、カップリングが楽しみ。。

高所

用事があったので、東京タワーのてっぺんが目線の高さにくる高いビルに
上ってきました。
エレベーターに一人で乗ったら、風であおられ微妙に揺れています。

怖かった。ただひたすらに、神に祈りました。無事に50階まで行けますように、と。

高層ビルで仕事とか、高層タワーに住むとか、無理です。
地に足の着いた生活が一番です。

家に帰ってきてもまだ、頭がふわふわ…。

ブドウ違い

20080307151654
気がついたけれど、わたしが今飲んでいるのは、ファンタグレープ。

でも、注文したのは、白ブドウジュ―スだったはず。
炭酸…苦手なのに。
ずっと考えごとしていたので、味さえ分からなくなっていた。
もっと集中して生きないと。

ことり

20080305184034

日々のお楽しみ、本屋さんぽ。
煮詰まると、気分転換&ネタ探しに本屋をふらふら。

今日の収穫は、「ことりっぷ」という小さな旅のガイドブック。
小さなトリップ(旅)の造語らしく、
女性向けの国内2泊3日の旅を提案しているシリーズ。
装丁が、着物柄(和風)でガイドブックらしくなくて可愛い。

ずらっと並ぶシリーズの中から、旅する予定のある南の島を選んで購入♪
ページをめくり、しばしアタマの中で旅に出ます。

(写真は、ガイドブックの中で旅を案内することり)

いい●も!

明日のテレフォンなんとか、まさやん登場とのこと!!
録画の準備をお忘れなく♪

お昼休みに、何件かメールが入っていたので、
一瞬、何ごとが起きた?と驚きました。

最近音沙汰のない元・同僚(子育て中)からも
「明日、いい●も、でるよ」というメッセージが入っていて、笑った。
ありがたいことです。

うるう年

2月29日。
四年に一度のうるう年。
うるう年には不思議なことが起きるってきいたことがある。
本当にミラクルハッピーな一日だった。
四年前のうるう年は何してたっけ?

四年後は今日のこと覚えているのかな。
何してるのかな。

あ、3月になった。
プロフィール

cherin

Author:cherin
日々のかけら、
移ろうおんな心を
気ままに書き綴っています。

ときどき
本・音楽・映画・旅などの
感想文も☆
・・・・・・・・・・・
about me
197*生まれの
はたらくおんな。

■favorite■
・山崎まさよし
・アロマテラピー
・本屋さんぽ

※本文・写真の
 無断転用・転載などを
 禁止します。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。