スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラグラ

もう イヤだ~~~
2日連続して震度4の横揺れ。

しかも揺れている時間が長いから、わりと冷静に考える時間がある。

今朝は朝5時から30秒ほど。

わが姿を見る。

数年前のライブTシャツ(オーキャンの真っ赤なTシャツにフジヤマのプリント)に短パン。

震源地・静岡といえば、小学生の頃から「そのうち富士山爆発する」という
噂がたっていて、地震が起こるたびに「ついに富士山…」と危機感をおぼえたものだ。

フジヤマのTシャツ着て非難するのはシャレにならないので、着替えた。

ああ、これからは、寝るときの服装も考えないと。

そして枕元には、防災グッズを置いておかないと。
さっそく買いにいこう。

そして、揺れている間に「わが人生これまでか…」と、
走馬灯のように、さまざまな思いが巡った。

すると、小さな悩みなんて実はどうでもいいことのように思えてきたのだ。
わたしは生きて、今ここにいる。なんて幸せなことかと。

「婚活」に嫌気がさし、しかも「理想の伴侶をしっかりイメージしろ」とか
アドバイスされ、気がくるいそうになっていたが、今ならはっきり言える。

身長や顔、頭の毛の薄さなんて、どうでもいい。

伴侶にする男の条件。
それは、
「サバイバル時に頼りになる男」。

これに限るのではないか!!

「火を起こせそうな男はモテる」とは、まさに真実かもね。
スポンサーサイト

読書

以前、趣味がない、と書いたけれど、
「読書」という素晴らしい趣味があることを思い出しました。

胃腸の調子が悪いので、外出の予定もキャンセルし、
部屋でゆっくり読書タイム。

近所の図書館では、20冊まで借りることができるので、
本棚に並ぶ背表紙を見て、気になるものを10冊ほど
借りてきました。重い。

たくさんの本を同時に読み進めるのが好きなので、
あちこち読んでいたら、不思議と同じようなテーマのことが
違う角度から書かれていて興味深かった。

ある本の中には、
「こころは穏やかな幸せより、劇薬のような刺激的な不幸を好む」(要約)
という一文があり、

また、別の本には「退屈の反対は興奮」。
「人類の罪の少なくとも半分は、退屈を恐れることに起因」と、書かれていた。

ここ一週間ぐらい、世間を騒がせている事件も、
退屈で平和な日常ではなく、刺激や興奮を味わえる
非日常を求めた結果でしょう(推測)。

かけがえのない存在を傷つけてまでも、
己の快楽に走ってしまうとは…。おそろしい。

穏やかで退屈な時間を楽しめること。
これって、ものすごく大切なことだとあらためて思う。

それにしても、容疑者の女性…。
長年連れ添った事務所の社長さえ、本性を見抜けないとは。
無事か…と、世間が心配している間に、
したたかに逃走の準備をしていたとのこと。
茶の間では、胸を痛め、涙を流していた人もいたはずだ。

清純で、健気なパブリックイメージ。悲劇のヒロインから容疑者へ。
友人からのメールで「いつかドラマ化、映画化されるかもね…」と。
たしかに。起承転結の構成がすでに出来上がっている…。
事実は小説より奇なり。。。
プロフィール

cherin

Author:cherin
日々のかけら、
移ろうおんな心を
気ままに書き綴っています。

ときどき
本・音楽・映画・旅などの
感想文も☆
・・・・・・・・・・・
about me
197*生まれの
はたらくおんな。

■favorite■
・山崎まさよし
・アロマテラピー
・本屋さんぽ

※本文・写真の
 無断転用・転載などを
 禁止します。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。