スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金麦妻

同僚三人とゆるく昼食を食べていた時のこと。

「好きな女優は誰か?」という、社会のために何の役にも立たない
話題がのぼった。

「あまみゆき」と誰かが言い、「あれ、漢字で書くとどう書くんだっけ?」と疑問が生まれ、
ケータイで検索。

「元・宝塚ってキレイだよね」と話が飛び、「でも、よく考えたら、黒●瞳と、
あの、ほら、何だっけ、上司にしたい女性に選ばれた人ぐらいじゃない?
活躍してるのって」

「あ、えーっと何だっけ。洗顔クリームかなんかのCM出てる人だよね」

「ま、思い出せないから、いいか」「みんな男役だね」
「いや、ほら、あの人、金麦は、宝塚の娘役だよ」

「金麦妻!!!」「あのCM、なんかイライラするんだけど」
「えー!私も。前からイラっとしてた」「あ、私も!!!」

ということで、滅多に共通項を見出せない同僚三人の意見が、
はじめて一致した瞬間だった。

私:「うちはテレビないから、駅張りの大きな広告しか見てないけれど、
何、あの意味不明なポーズ。それと、昭和初期の白いワンピース」

Sさん:「夏の頃にさ、金麦妻が、ホースで水掛けるシーンがあったんだけど、
あれ見るたびに、バケツの水をぶっかけてやりたくなった」

いつもはおしとやかなSさんから「ぶっかけてやりたくなる」という
暴言を吐き出させるほど、イラつかせる金麦妻たるや、恐るべし。。。

ぶかぶかの白シャツや、中途半端な丈のハイソックス、スカート。
これでもかというぐらいダサいファッションが、
疲れたサラリーマンの心に「癒し」を与えるらしい。

そして、いつも、主人が帰るのを、缶ビールを持って「今か今か」と待つ姿に
キュンとくるらしい。

働いていないのか?ひまなのか?などとは思わないらしい。

ネット検索したら、「あれはまるで、飼い主にしっぽを振る犬だ。
女性蔑視だ」と、真剣に討論されていたりしたので、なるほど、
いろんな意味で、刺さるCMなのだと思った。
シリーズ化されているということは、さぞや評判も良いのだろう。

よく、飲み会などで「どんな女性が好みか?」という話題になると、
必ず「金麦に出てくるあの人」とか「古風な女性」とか言う男がいるので、
ある世代の男性にとっては、究極の「理想の妻」なのかもね。

三つ指ついてお出迎え、三歩後ろを歩く…。
西暦2010年に、そんな人いるのだろうか。
もしいるとしたら、かなり計算高い、したたかな女だと思うけれど。

そう、ブリッコ(死語)が嫌われるのと同じように、
金麦妻は、完全に「男目線」だけを意識して作られているから、
女子達をイラつかせるのだ。

男に安心感を与える垢抜けないファッション。
ちゅうけんハチ公みたいなしぐさと表情…。
すべて計算し尽されている。
女目線を気にしたら、あんな風にはならず、
どうしてもスタイリッシュになってしまうだろう。

ターゲットから外され、思いっきり無視され、
おいていかれている感が、違和感の原因かもしれない。

…と、誰に頼まれたわけでもないのに、
またくだらないことを分析してしまった。あーあ。
スポンサーサイト

上機嫌

アランという人が書いた「幸福論」を読み、要約すると、
上機嫌でいることが幸福の秘訣だ、と書いてある。

気分悪くても、機嫌良く振る舞うことが、礼儀だとも。

目は笑ってなくても、つねに口角が上がっているスッチー(今はキャビン・アテンダントと呼ぶ?)
みたいな顔を作れば良いのか。

そもそも、「幸せな人は、幸福とは何か…?などと、イチイチ考えない」と、
別の本に書いてあった。

そうかもね。

今日、自分が書いた過去ブログのライブレポをぼーっと読んでみた。
ウン十回。

実に楽しそうな日々。まさに、上機嫌。

いまだ、口をひらくと不機嫌になり、良からぬ言葉が飛び出しがちなので、
明日からは、口を閉じ、口角を上げたスッチー顔を作って暮らしていこうと思います。

心はどうであれ、まずはカタチから。それが、幸福の秘訣なのだから。

ロックの学園

遠い。三崎口。
横浜から快速で50分。
車窓に広がる海や畑。
ロックの学園
強風にあおられながら、「ロックの学園」に到着。
お祭りムードの校舎。本物の学園祭みたい!!
思わずテンションが上がる。

さて、開場前にトイレに行こう…と思ったら、
どのトイレも水が流れないらしい。。。
大変なことになっている。

気を取り直して、体育館へ。
張り切ってゲットした指定席は、前方。
こりゃ、よく見える。

あー、どんな気持ちになるのだろうか。
既婚者まさよしを見るのは、これが初…。

more...

セロリ

いまだ、「おめでとう」のひとことが言えない、
心が狭く、器の小さな女がひとり…。

なぜに、こんなにイライラするのか。
愛情と憎しみは背中合わせてというから、
もしかして…?


そんなことを考えながら、
職場近くの健康志向の店でお昼を食べた。
その店は、有機野菜を使ったおかずがメインなのだが、
メニューの中に「セロリの甘酢」というものがあった。

クッ。セロリか。また、あのことを連想してしまい、怒りがこみ上げてきた。
だけど、一口食べたら、驚くほど美味しい。
あれ、セロリってこんなに美味しかったっけ?

そういえば、セロリの独特な香りには、沈静作用があり、
ストレスやイライラに効く、という豆知識を思い出した。
そっか、今の自分が欲しているものは、ちゃんと美味しく感じるものなのだ。

子どもの頃は嫌いな味だったのに、大人になったらその嫌いだったクセの
ある味こそが、魅力になる。
変化は成長の証。
そうだ、変化を拒まず、受け入れることも必要なのだ…。


すっかり、セロリに魅了され、自分でも「セロリの甘酢」を作ってみたくなり、
その店で葉っぱつきのセロリを買って帰った。

これまでセロリを使って料理をした記憶がないけれど、
困ったときのモバレピを参考にしながら、目分量で「セロリと豚肉の炒め物」と、
想像で「セロリの甘酢」を作ってみた。

セロリと豚肉の炒め物は、セロリと豚肉をごま油で炒めて、オイスターソースでからめるだけ。
セロリの甘酢は、適当に作った甘酢を、ジャムが入っていたガラスの瓶に入れ、
生のセロリを浸した。
自分で言うのも何だけど、どちらもとても美味しい。



ちなみに、今日のひとり晩ごはんは、上記二つに、ひじきの白和えとごはん、味噌汁。
なんて、ヘルシーなのでしょう。
いつもは、こんなに作らない。だけど、今日は料理をして癒されました。
キッチンに広がる、セロリの香り。本当に沈静効果があるようで、
思わず、鼻歌をうたいたくなった。

ご飯を食べているとき、父親からメールが届き、「まさよしのセロリ、売れてるんだって」と。
いったい、どこの情報なのか??
お祝い気分にあやかって、結婚式なんかで歌われるようになったのかも。

セロリ、名曲です。
とくに、「価値観は否めない」っていうところが。
イナメナイ。
今、気づいたけれど、「否めない」って、前から読んでも、後ろから読んでも、
イナメナイ、だ。

だから、何だ、と言われても…ね。

それは、価値観の違いなのだ。

青春

あれから3日が経過しましたが、発表後の2日間は、
友人からのメールの対応に追われて疲労困憊。

件名はすべて「まさよしが!」。

「まさか、一般女性って…」という内容がいくつかあったが、
そんなわけないでしょ。

会社に出社してからも、会う人、会う人に、「まさよしが~」と、
言われ、しまいには、逆ギレた。

そうなのだ。結婚報道を聞いてからというもの、
悲しい、切ないという感情はまったくわいてこない代わりに、
なぜか「怒り」のみが沸騰している。なぜなのか。

今日は、沸き起こる怒りをつらつらと書き綴ってみたいと思います(笑)。

more...

祝!

あーあ、まさやんに先を越された。

自分でも驚くほど、冷静。
涙の一粒も出ないなんて。
そろそろ秒読みか…との予兆はあったけれど、
真実だったとは。

というより、まさやんが家庭を持つということが驚き。
ちょっと想像つかないけれど、幸せになって欲しいです。

おめでたムードにあやかって、わたしも次に続きたいところ。

春はもうすぐですね。
プロフィール

cherin

Author:cherin
日々のかけら、
移ろうおんな心を
気ままに書き綴っています。

ときどき
本・音楽・映画・旅などの
感想文も☆
・・・・・・・・・・・
about me
197*生まれの
はたらくおんな。

■favorite■
・山崎まさよし
・アロマテラピー
・本屋さんぽ

※本文・写真の
 無断転用・転載などを
 禁止します。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。