スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寂しい気持ち

涼しくなったと思ったら、また暑くなり。

何を着ていけばよいのか、悩みます。

わが家の一大イベント、ハレの日が終わり、すっかり気が抜けてしまいました。

うれしい日だけれど、家族にとっては寂しい日でもありました。

妹が遠くへ行ってしまったようで(近所に住んではいますが)。

とくに、花嫁の父に笑顔なし…。

気軽にメールもできなくなってしまった。

隣にダンナがいたら、筒抜けのような気がして。

弟ができて良かったね、と言われたけれど、わたしの弟は一人だけだ~!と、
心の中で叫んでいます。

でも、同じ顔して笑っている二人を見ていると、
人の縁とは何なのかと、この広い宇宙に問いかけたくなりました。

新しい家族を作り、日々を重ねていくということは、
本当に素敵なことだと思います。


・・・・・・

話は変わって、まさよしネタ。

友達の話によると、「しこちゅー」のチケットが両日、100枚以上も
売れ残っていると、主催者のHPで発表されているとのこと。

2年前に行った時は、チケット取るのも一苦労だったのにね…。

今回のツアーも、抽選といいながら、第一希望が取れているし。

なんだか、寂しい。

だけど、本人はいたってハッピーな様子なので、
心配は無用でしょう。

しあわせは、手に入れるものではなく、気づくものだと言うけれど、
何かを捨てるか、失わないと、見つからないのかもしれない。
スポンサーサイト

きゅん

先日、ブログに「癒しは人に求めず、自分で与えるしかない」みたいなことを
書いたら、なぜか地味に反響があった(笑)。

そうだよね~、そうかもね~と。

みんな、疲れているのね。そうなのね。

だけど、わたしはここ最近、実はちょっと、ラジオから流れてくる、
ある人の歌にきゅんきゅんして、癒されている。

その名は、秦きゅん。いや、秦くん。

まさやんの事務所の後輩だ。

部屋でラジオを流しっぱなしにしているとき、ふと、
あら、いい曲♪と思うと、その後に「今の曲は秦●●、~でした」とのDJの声。

連続してシングルを出しまくっているらしく、
どれがどの曲か分からないんだけれど、どれも声が伸びやかで気持ちいい。

CD、買っちゃおうかな。


そして、まさやんの新曲、花火を聴いた。

more...

メンテナンス

自分では気づいていなかったけれど、夏休み明けに会った友人に、
「若返った」と言われた。

以前、会ったときは、正直、お疲れモードで老けて見えたと。
暗いオーラで覆われていた、とも。

そう、女性に対する「疲れてる?」の言葉は、「老けて見えるよ」と同義語なのだ。

今年の夏休みは、やや長めに取ることができ、
森の中でヨガや散策、マクロビ食で、すっかりデトックスできた。


日ごろは頭脳労働なので、まったく体を動かさず、汗もかかない。

やはり、時々、自分をメンテナンスしてあげることは必要なのだと、痛感した。

そういえば、まわりの働く女性を見ていても、みなさん、思い思いのメンテナンスをしている。
マッサージやエステ、鍼などの癒し系もあれば、
ヨガやジョギングなどのアクティブ系もあり。

旅行にしても、観光を目的にする人は少なく、パワスポ巡りや寺の宿坊での修行など、
日ごろの何かをリセットし、新しいエネルギーをチャージしている。

みんな、疲れているんだよね…。


そんな折、知り合いのアラサー女子に、人生相談を持ちかけられた。

俺サマ気質のダンナさんの男らしさに惹かれ、結婚して数年。
今では、仕事から帰って、彼のその俺様ぶりを見ると、鼻につくと。


そりゃ、人の長所は、裏返せば短所になるわけで、俺様は、俺様が売りで、
彼に癒しを求めるのは、無理な相談だよ、と答えた。

だいたい、未婚のわたしに相談するのも説得力に欠けると思うが(笑)。


そもそも、異性の好みなんて、20代と30代では大きく変わる。
相談してきた彼女も、20代の終わりに結婚して、今は30代。

30代になれば、それなりに世間を見てきて、
人の本質のようなものを見抜けるようになってくるものだ。

少なくとも、俺様を男らしさだと勘違いすることはない。
俺様は、人の話を聞けない鈍感男である場合が多い。


仕事のポジションだって、変化する。
責任持たされて、ハードになるわけで、
家に帰ったときぐらい、静かに癒されたくもなる。
家に帰ってまで、上司みたいなのがいたら、わたしだって逃げ出したくなると思う。

と、話したら、「そういうことか~。あーあ、早まって結婚するんじゃなかった。
いいな、●●さんは結婚してなくて」と、羨ましがられた。

未婚が羨ましがられるというシチュエーションも珍しいけれど、
実は本心で、「たしかに、そうかも」と納得している自分もいた。

いや、納得している場合じゃ、ないのだが。


他人に癒してもらおうとすると、期待通りにいかず、腹も立つ。

だから、自分で稼いだお金でメンテナンスをして、
自分自身に癒しを与えることが大切だと言えそう。

ツアー会議

これまで、ツアーが決定するたび、場をもうけて、
友達と「どこへ行くか?」の会議をしてきた。

そして、今回もまた、ツアー会議をしたのだけれども、
スケジュール(会報)を眺めながら、
「平日ばかりで行けないね…。遠征するにもどうする??」と、
イマイチ、のり気ではない。

どうしてしまったのか、私たち~。
昔は、1ツアーで両手の指の数ほど追いかけていたのに。

今や、心が動かないから、体も動かない…。

会社勤めのため、開演時間に間に合わせるには、早退をしなくてはいけない。
しょっちゅう、早退届けを出すわけにもいかないから、
平日2ヶ所、休日1ヶ所を申込みすることに。

その他、行くかどうかは、ツアーの内容次第かな。

久しぶりに公式BBSを見たら、「譜面台」のことで真剣な書き込みが続いていた。
愛があるなぁ。

ほんと、ライブ会場を訪れるたびに思うのだけれども、
こんなに熱く、深い思いで愛されいるのだから、彼は幸せだ。

それだけ、人の心に刺さる曲を作ってきたんだものね、と、
過去形…。

ツアーの申込をネットでしようとしたら、
ライブで「歌って欲しい曲」のアンケートが。

弾き語りで一曲か、どうしようかな…と悩みつつ、
ファンになるきっかけとなった曲を選んだ。

♪憧れの場所までまだ遠く~

この曲を聴いたとき、人生の進路で悩んでいたのだけれども、
今もまだ、迷いの中にいる(笑)。

まさやんはもう、この頃とは違って、
安住の地を得たのかな。

創造や表現は、葛藤の中でこそ生まれると言うけれど、
新曲は、“名バラード”とのこと。

名バラードです。聴いてください、と言われたら
興醒めだけれども、宣伝用のキャッチコピーなのでしょうがない。

そして、もう一口の申込は、歌って欲しい曲「カルテ」にした。
ONE KNIGHTといえば、カルテが浮かぶ。

あとは、抽選の結果待ち。
超金欠なのに、支払いも今月中なのが、痛いところだ。。。

ジャケ写

新曲のジャケ写がアップされたとのことで、
友達からメールが。
「顔だけでいい感じ。だけど、指輪が…」


えっ。顔だけなのに、どのような配置で指輪?と思ったら、

「頬杖をついている」との答え。

そうきたか(笑)。

誰に対する何のアピールなんでしょう。

まったく乙女心を解してないわね、まさやん。

いやあ、ほんと、わたしも最近、指輪チェックに余念がない。

ちょっといいかも、と思うと、たいていキラリ。

チッ。人妻ならぬ、人夫か。

こちらとしても発展性のないドロドロな恋愛をしている時間を
持ち合わせていないものですから、即座に圏外。

逆に指輪を見て、えっ、この方にもお相手がいるのか…と、失礼なことを思ったり。

話がそれた。

たしかに、モノクロの顔だけのジャケ写は、なかなかいいかも。

前回のジャケ写で着ているオレンジ色の「救命胴衣」みたいなベスト、
どうしても好きになれません。

短パンも、麦わら帽も…すべて、好みではない。だからシングル買えず。

そろそろ、大人の装いにチェンジして欲しいものです。
プロフィール

cherin

Author:cherin
日々のかけら、
移ろうおんな心を
気ままに書き綴っています。

ときどき
本・音楽・映画・旅などの
感想文も☆
・・・・・・・・・・・
about me
197*生まれの
はたらくおんな。

■favorite■
・山崎まさよし
・アロマテラピー
・本屋さんぽ

※本文・写真の
 無断転用・転載などを
 禁止します。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。