スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マ―ティンギターショウ

20070502185632

GW中だというのに、きのうも今日もお仕事。
電車がすいているのは、ちょっとうれしいけれど。

おとといのライブは遠い幻☆
だけど、まぶたを閉じれば、まさやんの残像が…
そういうわけで、仕事が手につくはずがなく。
久しぶりのライブ♪
二階席だからどうかな?と思っていたけれど、
前方だったので、見やすかった。
一階席を見下ろすと、ステージ前方は
白髪(はくはつ)のおじさま方。
おそらくマーティンクラブ会員のみなさまでしょう。

その他は、まさやんファン(たぶん)。
いつもは満席にならないというこのライブ。
ところが、まさやんのゲスト出演が決まった途端、即ソールドアウトで、
満席どころか立ち見まで出て熱気あふれていた。
それもそのはず
ツアーから約半年。充電切れになる頃です。

ゲスト出演だから、最初から出ることはないという予測は
ついたけれど、まさやん登場まで2時間…。
長過ぎる。
クッション性のない硬い木のイスに座って、
故意的に引っ張っているMCを聞いているのは、
正直きつかった。

途中でお手洗いに行ったら、見知らぬ女性も言ってました。
「山ちゃんまだかしら…。腰が痛くて」と。
そうですよね。まさやん、早く出てきて~。

で、ようやく、まさやん登場。
斉藤誠さんと二人でセッション。
何の歌か忘れました。
ここからまさやんひとり。
名前のない鳥
僕はここにいる
根無し草ラプソディ
(この曲はレヨナと斉藤氏が一緒だったような…)
いつものライブではあまり使わないマーティンギターを使用。
マイクが立ち、音を拾うというシンプルなスタイル
(アンプラグド?まさやんいわく「しっぽがない」)だったけれど、
伸びやかで素敵だった☆☆

アンコールは、
ハープ吹きまくり。
座ったままで足を開き、リズムを刻みつつ。
双眼鏡でがん見していたのですが、
カッコ良すぎます。男の色気、惜しみなく大放出。
ハープを吹いてるまさやんは超絶セクシィ。

ブルースハープを包み込む大きな手。
ギターを爪弾長い指のイメージが強かったけれど、
厚みがあってたくましい手。
そして、なで肩が目立たないぐらい筋肉ついてる。
日々鍛錬しているのでしょうか。

お願い、もうずっと吹いてて。吹きまくっていて。

…という願いもむなしく終わってしまった。
ほらね、まさやんが出てきたらあっという間。

気がつけば10時近い。出てくるまでが長かったのだ。。

斉藤氏が言うように音楽に向き合うまさやんの姿勢はいつだって「自然体」。
だけど、誰よりも謙虚。
少人数でふらりとやってきたのもまさやんらしいと思った。
自分でチューニングしたり。

自然体という言葉は、一聞すると気軽でラクチンな雰囲気だけれども、
実はさじ加減が難しい。
よほどの熟達者で人間力も高くなければ、醸し出せないもの…それが自然体だと思う。
そんな人間性も含めて魅了されるわけです、ライブに行くたびに。

次に会えるのはオーキャンかしら。
夏フェスに数々出演するっぽいけれど、
やはり単独ライブがいいな。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

cherin

Author:cherin
日々のかけら、
移ろうおんな心を
気ままに書き綴っています。

ときどき
本・音楽・映画・旅などの
感想文も☆
・・・・・・・・・・・
about me
197*生まれの
はたらくおんな。

■favorite■
・山崎まさよし
・アロマテラピー
・本屋さんぽ

※本文・写真の
 無断転用・転載などを
 禁止します。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。