スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リリー・オブ・ナイル

20070512000943

ある日の夜、思い出したように母が
「玄関先にキレイな白い花が咲いてるから、見て」と
言うので、寝る前にドアを開けて二人で外に出た。
思いがけず、大きな白い花がただ一輪、月明かりの下に咲いている。
夜中だというのに「こっちの花も見てごらん」とはしゃぐ母。
寝静まった住宅街は、人の気配がなく、夜の湿った空気に包まれた別世界。
小さい頃の夏の夜、お風呂上りに「夜の散歩」に出かけたことを思い出した。

母はガーデニングが趣味なので、いろいろな花を育てているけれど、
この白い花は植えた覚えがないと言う。
よくよく見たら、この白い花以外にも、見知らぬ花がいくつか咲いているらしい。
不思議に思い、いつも訪れる花屋さんに、この話をしたところ、
「それはきっと、小鳥の仕業ですね。種を運んでくるんですよ(フンなどをして…)」
と、教えてもらったそうだ。
この殺伐とした平成の世に、そっと咲いたファンタジー。
ニュースにはならない小さな話だけれども、夢があっていいなと思う。

さっそく、花の名前を調べてみた。
手がかりがないから、ネットで「5月 白い花」で検索する。
シルクのような白い花びら(実際は花びらではない)に包まれた花の名は、
「リリー・オブ・ナイル」。カラーの一種です。
エキゾチックなお名前…。「王家の紋章」(マンガ)を連想してしまう。
カラーはエチオピアの国花らしい。
そんな遠くから花の種が運ばれてきたとは思わないけれど、
ようこそ日本へ、という気持ちになる。
花言葉は、愛情・乙女の清らかさ・壮大な美。
なんと爽やかなメッセージ。心に秘めておきたいと思います。
小鳥よ、プレゼントをありがとう。

と、温かい気持ちになっていたのですが、数日後、
「そういえば、3年ぐらい前に白い花の苗を植えたような気もする」という母の言葉…。

植えたのか?それとも小鳥か?
誰にも解き明かせない謎を残したまま、
今宵もナイルの百合は誇り高く咲いています。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

cherin

Author:cherin
日々のかけら、
移ろうおんな心を
気ままに書き綴っています。

ときどき
本・音楽・映画・旅などの
感想文も☆
・・・・・・・・・・・
about me
197*生まれの
はたらくおんな。

■favorite■
・山崎まさよし
・アロマテラピー
・本屋さんぽ

※本文・写真の
 無断転用・転載などを
 禁止します。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。