スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めがね

表参道に用事があったので、けやき並木をてくてくと歩いた。
この道を歩くと、癒される。
明治神宮がパワースポットだから?(一説によるとそういわれている)

さらに癒されたくて観に行った映画「めがね」。
前作「かもめ食堂」は、DVDを買うほど気に入っていたので、
大きな期待を抱いていたのだけれども…。

まるで「凪ぎ」のような映画だった。

青い海と白い砂浜。
観光目的にやってくる人は誰もいない小さな島。
そこに暮らす人も、訪れる人もただただ「たそがれ」ているだけ。
南の島への想いは、大きく分けると2パターンあると思う。

1、いいなー。わたしもあんな風にたそがれたい!
  次の休みは南の島に行くぞ~。

2、何もすることないんだよね?ムリ。3日が限度。

わたしは「たそがれ」下手なので、後者。
映画の途中、飽きてきて、早送りしたくなったほど。


毎日新しい朝が来て、
美味しいごはんをいただく。
そして、たそがれの時間を持つ。
これだけで十分にしあわせ。

それなのに、
そんなにあくせく働いて
何が欲しいの?何を求めるの?…

と、言われているようで(勝手な妄想だけど)、
何となく窮屈な思いがした。

退屈は窮屈。。。

いやもちろん、休むことは大切。
日本人は働きすぎだって言われているし。
時には、ケータイがつながらない場所で、
何もしない、生産性のない時間を過ごすことも必要でしょう。
ただし、「癒し」のスタイルは人それぞれ。
のんびりすることで癒される人もいれば、
何かに熱中することで癒される人も。

海に癒される人もいれば、森に癒される人も、
人混みこそ、心が落ち着くという人もいたりして。

なかなか複雑…。

静かに進行している映画をよそに、
ぐるぐるといろんなことを考えてしまった。

それにしても「待つ」だけの宿のご主人。
過去に何があったのか??

追いかけたり、追いかけられたり、とつねに動いてないと
生きている実感がわかないタイプもいるけれど(誰のことでしょう)、
ご主人のように「港」のような人がいるから、
世の中バランスが取れるんだよね…。

小豆を鍋で煮ていた、もたいさんの
「焦らないことが一番大切」っていうセリフが印象的だった。

年内は少しだけペースを落として暮らしてみよう。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

cherin

Author:cherin
日々のかけら、
移ろうおんな心を
気ままに書き綴っています。

ときどき
本・音楽・映画・旅などの
感想文も☆
・・・・・・・・・・・
about me
197*生まれの
はたらくおんな。

■favorite■
・山崎まさよし
・アロマテラピー
・本屋さんぽ

※本文・写真の
 無断転用・転載などを
 禁止します。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。