スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業アルバム

街を歩けば、袴姿の女子大生を見かけます。
卒業シーズンなのですね…。

先日、押入れの中のものを引っ張り出して、探し物をしていたら、
卒業アルバム一式が入ったダンボールを発見しました。

以前、引っ越しの際に、私の幼稚園から大学までの卒業アルバムだけを
一つの箱におさめたことを思い出しました。

ひとりで眺めるのもつまらないので、階下にいる母親を呼び、
一緒に一冊ずつめくっていくことにしました。

まずは、幼稚園の卒園アルバム。
なぜか白黒です(もちろん、私が生まれた時からカラープリントです)。
昭和の匂いがプンプンします。
残念ながら幼稚園の記憶がほぼないので、
並んで写っているクラスメイトの顔を見ても、何も感じません…。

けれども、母は記憶が刻まれているようで
「ほら、隣に写っている●●ちゃんが、
幼稚園の下駄箱でcherinに靴を履かせてくれていたんだよ。
しっかりした子だったね。
cherinは、みんなが世話を焼いてくれるのをぼーっと見ていたね…」
なるほど、記憶がないはず(笑)。
次に小学校の卒アル。
今とほぼ同じ顔立ちなのに、体は子ども…。
どこかアンバランスな感じがします。
この頃は、大人っぽいと言われていたような気がします。
当時は、笑ったら目がなくなるようなタレ目の童顔に憧れていたのですが、
今考えると、童顔はある年齢までいくと老け顔になりがちなので、
大人顔でよかったかもしれません。。。

中学・高校・大学の卒アルを見ていると、母が
「今とあまり変わらないね…。だけど、目力がないね…。
cherinも社会に出て、苦労したんだね…」と、ぽつり。

たしかに初対面の相手に必ず、
「目力、強いよね…」と言われますが、それは生まれつきだと思っていました。
が、しかし、母の解釈によると、現在の私の目力は、社会で苦労したことにより、
眼光鋭くなったというのです。
そうなのでしょうか(笑)?野心に燃えて、ギラついているのでしょうか。。

過去を振り返っていたら、成人式の写真も出てきました。
家の前で父と並んで撮った写真を見て、母と二人で叫びました。
「若い!!!!!」

母が当時の父の年齢を逆算してみて、驚愕の事実を知ることに。
「お父さん、この時、40代だよ…」と母。

おぉ。。。さらに逆算してみると、父が今の私の年齢の時、私はもう小学高学年…。
父母は若いときに結婚したのです(父が年下)。

そういえば、授業参観にGパンと黒いセーターとかでやってきた父を見て、
クラスのみんな及び担任が「お父さん?若い」と驚いていました。
日本人離れした顔立ちなので、「外人?」とも言われました。
(じゃ、私はハーフか…。父親似だし…)

そんなことを考えているうちに、涙が出てきそうになりました。
父母の20代・30代は、子育てが中心。
青春はあったのでしょうか。。。
今の私は、20代をすべて自分のことだけに使ってきました。
このままいくと、30代もそうなる可能性高し。

時代が違うと言えばそれまでだけれども、
たまには親孝行しないと…という気分になりました。
一番の親孝行は、結婚して孫の顔を見せることなのかもしれないけれど。

ま、孫は神のみぞ知るという問題なので、取り急ぎ、
明日にでも両親に手料理を振る舞ってみようと思います。

…卒業アルバムをめくるうちに、自分と親の関係が変化していく過程も
なぞっていくこととなり、なかなか感慨深いものがありました。
新しい季節が訪れる前に、過去を振り返る時間を過ごすのもいいものですね。。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

cherin

Author:cherin
日々のかけら、
移ろうおんな心を
気ままに書き綴っています。

ときどき
本・音楽・映画・旅などの
感想文も☆
・・・・・・・・・・・
about me
197*生まれの
はたらくおんな。

■favorite■
・山崎まさよし
・アロマテラピー
・本屋さんぽ

※本文・写真の
 無断転用・転載などを
 禁止します。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。