スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

婚活

最近話題の「婚活」。
まわりでも活動を行っている人が多い。
合コンやらお見合いパーティやら。
(ちなみに、「婚活」=結婚活動。結婚というゴールを目指して活動を行うこと。
就職(内定)を目指して活動を行うことを就職活動=「就活」と呼んだことから。)

いまどきは、ただ黙って待っているだけでは、
理想の相手と結婚できない。

昔は、お見合いやら、社内結婚やら、
動かずとも身近なところで上手くマッチングしていたらしいが、
今の時代、そんなに甘くない。

ぼーっとしていたら、結婚したいと思える相手とは
一生出会えない!!と、マスコミはあおる。

はたして、そうなのだろうか?
ガムシャラに活動してまで、
追い求めなくてはいけないものなのか?
結婚って。
もちろん、わたしもちょこっとは活動してみたのだ。
だけど、なんかピンとこない。

結婚を前提に、相手を探す、ということ。

ある程度、人生経験があるので、
いろいろ計算が働く。
だから、難しい~~~。

あーあ。よみがえる記憶。
大学四年の春。就職活動をはじめれば、バブル崩壊後の超氷河期。
会社を受けまくっても、なかなか内定が出ず。
夏の暑い日もリクルートスーツを着て、毎日活動。
夏休みが過ぎても決まらず、秋風が吹く頃にようやく一社決まる。
また、あの日々のように活動しなくてはいけないのか~!!


だけど、社会人一年目のある時、思ったのだった。

わたしは、就職したかったのか、
それとも、仕事をしたかったのか?…と。

とりあえず、「就職」すれば、親を安心させられるし、
世間からも後ろ指をさされない。
でも、現実は…。

一年半働いて、やりたい仕事をするため転職をした。

就職活動をしている時は、頑張っている自分にただ酔ってしまう。
これだけ頑張っているんだから、きっといいことがある、と。

きっと、婚活も同じ。

とりあえず「結婚」すれば、親を安心させられるし、
世間からも後ろ指さされなくなる。

「なんで結婚しないの?もったいない」
「理想が高いんじゃないの?」
「何だかんだ言っても、男は若い子が好きなのよ。
早くした方がいいわよ」
「仕事を頑張るのもいいけれど、
女のしあわせはね…」などという、
悪意のない無神経な言葉たちからも解放されるだろう。

だけど、何かから逃れるために
必死に活動する意味って?その先にある現実と生活は…。

今すぐ結婚したい!という強いモチベーションがあるなら、
婚活した方がいいと思う。

でも、それほどではないなら、相手に失礼…かも。
いざとなると、「うーん」と躊躇するのは、
自分がそれほど結婚を望んでいないのだ(今現在は)、たぶん。

こんなこと言ってるけれど、
明日にでも運命の出会いがあれば、
さっさと結婚するかもよ♪
スポンサーサイト
プロフィール

cherin

Author:cherin
日々のかけら、
移ろうおんな心を
気ままに書き綴っています。

ときどき
本・音楽・映画・旅などの
感想文も☆
・・・・・・・・・・・
about me
197*生まれの
はたらくおんな。

■favorite■
・山崎まさよし
・アロマテラピー
・本屋さんぽ

※本文・写真の
 無断転用・転載などを
 禁止します。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。