スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父の日

これから実家に帰る。

2週間前にオトウトからメールが届いた。

「再来週は父の日です。
姉二人も家に帰りませんか?」と。

なぜかオトウトはメールでは敬語。

すぐに妹から「エライね!
わたしは飲み会あるから帰れない」という返事。

先月の母の日に帰ったのに、父の日に帰らないと
きっと、傷つきいじけるに違いないので、
わたしは「了解。夕方帰るよ」とオトウトに返信。

三きょうだいとも、ひとり暮らしをしているので、
今は父母の二人暮らしなのだ。
たまには顔見せないとね。

実家を出てから4ヶ月。
母とは、頻繁にメールしたり電話したりするけれど、
(週に2~3回、意味不明なメールが届くので…。
例:「トムクルーズはカッコイイね」「おかあさんは、髪切ったよ」など…)
父からはとくに連絡ないので、わたしからも連絡していない。

そういえば、先月、一度父から
「今日、ヤマちゃんがミュージックステーションに出てたから
録画したよ。いつでも観においで」というメールが来た。

ほぉ、わたしが喜びそうな話題で、かつ「帰っておいで」と、
さりげなく誘うメール。なかなかのテクニシャンだわ、と感心する。

そう。テレビなかったからね。
今は、ようやくパソコンつないだので、テレビを観られるようになったけど。
観ない習慣がついたら、テレビって、けっこう面倒臭いことが分かった。
画面の前に大人しく座ってないといけないので、時間がもったいなく感じてしまう。
何かしながらでも聴く事ができるラジオの方が、どうやら今の生活には合ってるみたい。

話がずれたが、
きのう、ネット記事を読んだら、「女子高校生の6割がお父さんを尊敬している」との
アンケート結果が出ていた。

物心ついた頃から不況な世の中に生まれた今の若い世代は、
「頑張って働き、育ててくれている」親へのリスペクト心があついよう。
思春期の娘は、父親と口聞かない、などというのは、もう昔の話。

うちのオトウトも、20代半ばなのだが、驚くほど親孝行。
社会人になって、「働く事」の大変さがわかったからかもしれないけれど、
「とうちゃんは、エライ。子ども3人、大学に行かせて」とか、
言うようになった。
男同士だから、自分も将来、家族を養わなくては…という、
義務&責任を感じ始めているのかも。。。
あんなに小さかったオトウトがね…(泣)。
ランドセルが重い、と泣いていたあのオトウトがね…(泣)。

最近流行のうたの歌詞とか聴いてても「親への“感謝”」「親への“リスペクト”」
「家族の“絆”」みたいなものが多い。

わたしが彼ら彼女らと同じぐらいの年代だったときは、そういう言葉を口に出すことが
恥ずかしかったように記憶しているが、今はそうではないらしい。

アイドルのインタビューの受け答え聞いていても、
「父、母に感謝しています。
そして、ファンのみなさまとスタッフさんのおかげです」みたいな模範解答が多い。

昔は、演歌歌手の大御所しか、そんなセリフ吐いていなかったような気がするが、
今は、みんな、地に足ついているのね。

不況、不況で、どん底…みたいなこと言うけれど、
バブル世代の先輩が今でも夢みたいな浮かれた発言しているのを聞くと、
うーん、もしかして、不況の方が、現実を見据えて、
人として成長するのでは…と考えてしまう。

いろんなことを思う父の日前日でした。。。
スポンサーサイト
プロフィール

cherin

Author:cherin
日々のかけら、
移ろうおんな心を
気ままに書き綴っています。

ときどき
本・音楽・映画・旅などの
感想文も☆
・・・・・・・・・・・
about me
197*生まれの
はたらくおんな。

■favorite■
・山崎まさよし
・アロマテラピー
・本屋さんぽ

※本文・写真の
 無断転用・転載などを
 禁止します。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。