スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五月蝿い

「五月蝿い」。
中学生のキミ、読めるかい?

五月のハエと書いて、「うるさい」と読むのだよ。
ひとつ利口になったって?それはよかった。

はぁ~。
う・る・さ・い。冷蔵庫が!!

ジイジイ、ゴボゴボ。と、四六時中、うなり声を上げている。
わたしは不眠症になりそうだ。

物件を決めた時、不動産やの人びとに
「お客さん、一つだけ妥協してはいただけませんか?
1DKではなく、1ルームも使いやすいものですよ」と、
3人がかりで説得させられ、折れてしまった。

それでなくても条件が多い、ワガママな客だと思われていることは、
いくら涼しい顔していたわたしだって気づいていた。

「希望のエリアから離れるか、もしくは、予算を上げていただくしか
方法はありません…」とのとどめの言葉を聞き、
死んでも希望エリアは外せないし、これ以上、予算をあげられないので、
「妥協」してしまったのだ。

そしたら、こんなにも冷蔵庫がうるさいなんて!!
ガマンの限界がきて、メーカーに点検に来てもらったら、
「通常範囲内です」と。

「いやいや、絶対にうるさいでしょ。音小さくしてください」

「それはできません…。音やニオイは個人差がありますから…」

納得いかない…。

たしかに、わたしは、鼻も耳もいい方なのかもしれない。
職場でも、他人のパソコンを打つ音が気になるし、
加齢臭の残り香をもとに、上司の行き先を突き止めることができる。
何の自慢にもならないけれど。

物件探しと、結婚相手探しは似ていると言う。
「妥協」が必要、すべての「条件」が揃うことなどない、と。

でも、わたしは悟ってしまったのだ。
「妥協」すると、結局、その一点が、あとから問題化する、と。

それでも、その一点を許していけるならいい。
妥協しながらも、耳をふさぎ、自分をだましだまし、生活していけるタイプならいい。

だけれども、わたしは正直者。
今すぐ、冷蔵庫を捨てるか、交換したい衝動に駆られている。

相手が人間ならそうはいかないわね。。。

この間、道端の占い師に、
「お嬢さん、あなた若い時に結婚しなくて良かったよ…。
斬り捨てごめん…でしょ?離婚してたね。晩婚の方がいい」と、
結婚もしていないのに、離婚とか言われて不愉快。
わたしはサムライか(笑)?

予言されなくても、ときすでに晩婚ですから。
うるさくない人を探さないと。
スポンサーサイト
プロフィール

cherin

Author:cherin
日々のかけら、
移ろうおんな心を
気ままに書き綴っています。

ときどき
本・音楽・映画・旅などの
感想文も☆
・・・・・・・・・・・
about me
197*生まれの
はたらくおんな。

■favorite■
・山崎まさよし
・アロマテラピー
・本屋さんぽ

※本文・写真の
 無断転用・転載などを
 禁止します。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。