スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メンテナンス

自分では気づいていなかったけれど、夏休み明けに会った友人に、
「若返った」と言われた。

以前、会ったときは、正直、お疲れモードで老けて見えたと。
暗いオーラで覆われていた、とも。

そう、女性に対する「疲れてる?」の言葉は、「老けて見えるよ」と同義語なのだ。

今年の夏休みは、やや長めに取ることができ、
森の中でヨガや散策、マクロビ食で、すっかりデトックスできた。


日ごろは頭脳労働なので、まったく体を動かさず、汗もかかない。

やはり、時々、自分をメンテナンスしてあげることは必要なのだと、痛感した。

そういえば、まわりの働く女性を見ていても、みなさん、思い思いのメンテナンスをしている。
マッサージやエステ、鍼などの癒し系もあれば、
ヨガやジョギングなどのアクティブ系もあり。

旅行にしても、観光を目的にする人は少なく、パワスポ巡りや寺の宿坊での修行など、
日ごろの何かをリセットし、新しいエネルギーをチャージしている。

みんな、疲れているんだよね…。


そんな折、知り合いのアラサー女子に、人生相談を持ちかけられた。

俺サマ気質のダンナさんの男らしさに惹かれ、結婚して数年。
今では、仕事から帰って、彼のその俺様ぶりを見ると、鼻につくと。


そりゃ、人の長所は、裏返せば短所になるわけで、俺様は、俺様が売りで、
彼に癒しを求めるのは、無理な相談だよ、と答えた。

だいたい、未婚のわたしに相談するのも説得力に欠けると思うが(笑)。


そもそも、異性の好みなんて、20代と30代では大きく変わる。
相談してきた彼女も、20代の終わりに結婚して、今は30代。

30代になれば、それなりに世間を見てきて、
人の本質のようなものを見抜けるようになってくるものだ。

少なくとも、俺様を男らしさだと勘違いすることはない。
俺様は、人の話を聞けない鈍感男である場合が多い。


仕事のポジションだって、変化する。
責任持たされて、ハードになるわけで、
家に帰ったときぐらい、静かに癒されたくもなる。
家に帰ってまで、上司みたいなのがいたら、わたしだって逃げ出したくなると思う。

と、話したら、「そういうことか~。あーあ、早まって結婚するんじゃなかった。
いいな、●●さんは結婚してなくて」と、羨ましがられた。

未婚が羨ましがられるというシチュエーションも珍しいけれど、
実は本心で、「たしかに、そうかも」と納得している自分もいた。

いや、納得している場合じゃ、ないのだが。


他人に癒してもらおうとすると、期待通りにいかず、腹も立つ。

だから、自分で稼いだお金でメンテナンスをして、
自分自身に癒しを与えることが大切だと言えそう。
スポンサーサイト
プロフィール

cherin

Author:cherin
日々のかけら、
移ろうおんな心を
気ままに書き綴っています。

ときどき
本・音楽・映画・旅などの
感想文も☆
・・・・・・・・・・・
about me
197*生まれの
はたらくおんな。

■favorite■
・山崎まさよし
・アロマテラピー
・本屋さんぽ

※本文・写真の
 無断転用・転載などを
 禁止します。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。