スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パナマ帽と青春

午前中に会社近くの歯医者に行ってきました。
「肩の力を抜いてリラックスしてください」と
助手の女性は笑顔で言うけれど、隣の席から耳をつんざく道路工事の
ドリルのような音がしているのに、リラックスできるわけないよね…。

診察を終えて待合室に戻ると、パナマ帽をかぶった70代とおぼしき紳士が
座っていました。
麻のジャケットを羽織り、姿勢をピンと伸ばしたカレはジェントルマンと
呼ぶにふさわしい。
年を重ねてもおしゃれ心を忘れてない人を見かけると、素敵だなと思う。
心にはりがある人は、外見も若々しい。

心…といえば、きのう、甲子園について書いているときに
ふと浮かんだ一編の詩があります。

*************
『青春とは』  サムエル・ウルマン

青春とは人生のある期間ではなく、心の持ちかたをいう。

薔薇の面差し、紅の唇、しなやかな肢体ではなく、

たくましい意志、ゆたかな想像力、炎える情熱をさす。

青春とは人生の深い泉の清新さをいう。

******後略*****

ネットで調べたところによると、カレが70代のときに
書いたそう。

いい詩だな。
10代だけが青春ではなくて、心の持ち方がポイントなのね。
「青春18きっぷ」と同じだ(笑)。
このきっぷも旅への情熱さえあれば、何歳になっても使えるのだから。

意志と想像力、情熱を持ち続けて、いくつになっても
青空の下の高校球児たちのように青春を謳歌していきましょ♪
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

「青春とは…心の持ち方をいう」
っていうフレーズにつられて
その昔買った本が
このアトリエにもあったとは。。

あらためて読んでみて
本当にもう「しなやかな肢体」では
なくなってしまったけど(笑
情熱は持っていたいよなぁと
思いました。

まさやんへの情熱は
きっと持ち続けられると思うのだけど
ダイエットへの情熱が
すぐ冷めてしまうのがね…
でもパナマ帽の紳士を見習って
もう少しどうにかしないとな。

ライブに行って、細いまさやんを
見る度に思います。。。








Megさん、それは奇遇☆
同じフレーズにひかれたみたいだね。
わたしはノートにメモッていただけなので、
詩集は持ってないのです。
今度、タイトル教えてね。

ダイエットの情熱…か(笑)。
でも、今回のツアーは
踊るからやせる気しない?
もし、週1ぐらいで行くことができたら
楽しくダイエットできそうだけど(笑)
プロフィール

cherin

Author:cherin
日々のかけら、
移ろうおんな心を
気ままに書き綴っています。

ときどき
本・音楽・映画・旅などの
感想文も☆
・・・・・・・・・・・
about me
197*生まれの
はたらくおんな。

■favorite■
・山崎まさよし
・アロマテラピー
・本屋さんぽ

※本文・写真の
 無断転用・転載などを
 禁止します。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。