スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さようなら

先日、昔住んでいた街を訪れました。
懐かしいので、通っていた小・中学校を
見学してみることに。

まずは、中学校。こんなに小さかった?
校庭をぐるぐる走った記憶の中では、1周は永遠に感じるほど遠かったのに。
校舎のてっぺんに取り付けられた時計は、当時のままだけれども、
ずいぶんと古びていた。
サッカー部の男の子を教室から眺めていた窓も、透明度が落ちている。

さ・よ・な・ら~、淡い恋心。

続いて小学校へ。
校門の前で足が止まりました。

ない。校舎がない…。
あるのは広い校庭の片隅に建てられたプレハブのみ。
そして、建て替え中の工事現場。
なくなってしまった。
思いだそうと思えば、浮かんできそうな気もするけれど、
校舎の輪郭は記憶の片隅に追いやられている。

写真の一枚ぐらい撮っておきたかったな…。

そういえば、わたしが埋めたタイムカプセルはどこへ。
耳をつけると、心臓の音が聞こえると恐れられていた
二宮金次郎の像の姿が見えない。

葉っぱの船にアリを乗せて浮かべた、小さな池もなくなっている。
キレイな石をたくさん発掘した砂場は跡形もない。
うっかり手を離して頭から落ちたジャングルジムも消えてしまった…。

さ・よ・な・ら~、思い出たち。

不思議と、悲しくなかった。
それだけ、あの風景から遠いところまで歩いてきたということかも。

カタチあるものいつかは滅びるけれど、
時が経っても失われないものもあるはず。

校門を出る頃には、なぜか清々しい気持ちに。

小学校隣の神社のいちょう並木は、まだ青かったけれど、
黄色く色づいた風景を思い浮かべることができました。
毎日のようにここで遊んでいたから。

電車で1時間もかからない場所へのタイムトリップ。
時間の流れがゆっくりと感じられた秋の一日でした♪
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

cherinちゃん
ご無沙汰です。もしや、この場所は、あの場所でしょうか?
我々の、「あの場所」も、様変わりしているみたいだよね。。。
記憶は、薄らぎながらも、頭の中に残っていくんだろうね。
私も少し思い出しました。思い出させてくれてありがとう。
そうそう、メールのレス遅れてごめんね。
改めてお返事しまーす。ではね。

yukoちゃん、元気そうで良かった。
アドレス変わったのかと(笑)。
そうね、記憶は薄れていくけれど、ふとしたときに
思い出せる場所があるっていいよね。
プロフィール

cherin

Author:cherin
日々のかけら、
移ろうおんな心を
気ままに書き綴っています。

ときどき
本・音楽・映画・旅などの
感想文も☆
・・・・・・・・・・・
about me
197*生まれの
はたらくおんな。

■favorite■
・山崎まさよし
・アロマテラピー
・本屋さんぽ

※本文・写真の
 無断転用・転載などを
 禁止します。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。