スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HMA@東京国際フォーラム

山崎まさよしHMA東京2days、終わってしまった。
18日のライブが素晴らしくて、すでに燃え尽きた感あり。
そして迎えた19日は、「今日で終わり…」という寂しさも
込み上げてきたけれど、大満足で会場をあとにすることができた。

5000人収容の東京国際フォーラムが揺れて、熱狂に包まれた2日間♪
(カメラが入っていて、来年1月にWOWOWで放映予定とのこと)
それにしても、まさやん、艶っぽかった。
声も表情も、ギターも、ハープの音色も。
そして、背中も(笑)。
わたしはもしや、背中フェチなのではないか。
8クリでピアノを弾き語るまさやんの逆三(角形)の背中に
透けて見える背骨を数えながらそう思った。

ソファに座っての弾き語りコーナーではカヴァー曲を披露してくれた。
18日の「イングリッシュマン イン ニューヨーク」がステキ過ぎ…。
湿り気を帯びた声が色っぽい。
弾き語っている姿も美しい。目に焼き付けておいた。
ちょっとだけ弦楽器を習っていたときに(一年で挫折したが…)、
演奏家でもある先生が、「いい音を出す人は、無駄な力が入っていないので、
動きも姿も美しいのです」と言っていたのを思い出す。

ちなみに、19日のカヴァーは、キタローさんのリクエスト
“懐かしい曲を"ということで「スイートメモリーズ」。

このコーナーで歌う「未完成」は、場所柄、新橋のサラリーマンを
イメージしながら歌ったとのことで、余計、心に響く。

MCでは、ノバマネキンでバイトしていた頃に、銀座のデパートに
マネキンをおろしていたエピソードを。
時期は違うけれど、3人とも(キタローさんもゲンちゃんも)
ノバマネキンでバイトをしていて、
まさやんはあっという間にランクが上がり(C~Aというランクがあったらしい)
すぐにバイトの中でエライ立場になったとのこと。
どこにいても、仕事ができる人なのね、きっと。
当時、丸の内のOLは高嶺の花だったとか、デパートの化粧品売り場のニオイに
ドキドキしたとか、そんな純朴青年時代を振り返っていた。

18日は髪の毛おさまっていて、耳たぶ(福耳だ)の横に添う
まっすぐなもみあげがキュートだったが、
19日はあいにくの雨のため、ちょっとクルクル。
「電動ブラシで整えたけど…」って言ってた。
聞き違いかと思っていたけれど、帰りの電車の中でこの話になり、
友達も間違いなく「電動ブラシ」と聞こえたと。
聞いたことない、そんな物体(笑)。

ライブが終わって引っ込むときに、「しぃ~」って口元にひと指しゆびを
持っていき、会場がしんとなった瞬間に生声で「おやすみなさい」って
言って、消灯。この演出、まさやんは気に入っているように思う。
だって、「しぃ~」の顔が、なんだかとってもうれしそう。

一つだけ残念だったのは、きのう、席の近くに「掛け声オバチャン」がいたこと(笑)。
まさやんが何かひとこと言うたびに、すごい大声で叫ぶのだ。
照明が落ちて、まさやんが曲の世界に集中しているのに「まさや~ん」と。
お願いだから空気をよんでください…と思った。
だけど、本人は、まさやんがかけ声を拾ってくれたことに満足そうで、
まわりの失笑に気づく様子はなし。
わたしは、まさやんの調弦の音さえも耳に刻んでおきたいと
思うタイプ。
だけど、人によってはいろんな楽しみ方があるのだからしょうがない…と、
ここは一つ心を広く持とうと、気持ちを切り替えた。
ファンクラブで取った席だったのにな…。

そんなことがありつつも、ライブは最高!
心身ともに充実感を得ることができた。
お腹いっぱい、胸いっぱいっていう感じ。
こんな夜を体感できて、山崎まさよしのファンになって
本当に良かったな、と心から思えた2日間だった♪
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

そうですね

初めまして。
時々拝見させていただき、落ち着きのあるほっこりする文面に感心しておりました。
私も同感!だと思い、初めてコメントさせていただきます。
そうなんです。
私もライブの山ちゃんが奏でるもの全てを心に刻んで帰りたいので、空気の読めない声掛けには気が萎える時があります。
中には会話したと自慢げにブログに書いている人もいますね。
山ちゃんが答えるからしょうがないかもですが、あれどうにかならないのかしら!?

はじめまして。
時々、おじゃまさせてもらってます。
HMAT私は東京で終了したんですけど、去年の武道館とちょっと重なって感じたのが”艶っぽい、色っぽい!”(?)な~でした。
声がすごいっ!と圧倒されちゃうくらいで、これからのまさやんも楽しみですね♪
声掛け、”それはやめとくれいっ!”てなものがあると胸ん中でブツブツ言っちゃってます・・・と言いつつ声掛けられる人をちょこっと羨んだりもしてます。

>たえこさん
はじめまして。コメントありがとうございます!
ライブの感想、熱く語っているので読み返すと恥ずかしいの
ですが(笑)、同じように感じられている方がいらっしゃると思うと、うれしいです☆
掛け声のタイミングについては、「なぜ、携帯電話の
電源を切らなくてはいけないのか」ということにつながるような
気がします。何かのCMではないけれど、「大人のマナー」の
問題ですよね。まわりの人に迷惑をかけたり、不快な気持ちに
させたりするのはNGかも…。
いずれにしろ、数千人が一つの場所に集まるのですから、
いろいろと難しいですよね。光物(ペンライトのようなもの)を振っていて、係員に没収されている親子も見かけました(笑)。
でも、ライブのあの空気感は大好きです。ほんとに、すべてを刻んで真空パックにしてお持ち帰りしたいぐらい。だから、ちょっと残念なことがあっても、毎回、足を運んで良かった!!と思います。

>やすはさん
はじめまして。コメントありがとうございます!
ひじょうに地味なブログなので、時々感想が入っていると、
うれしいものなのです(笑)。
そうそう、昨年の武道館も色っぽかったですよね~。
HMA東京国際も、何かぷんぷんと匂っていましたよね、
男の色気っていうやつが!声もすごくて、腹筋力を感じました。

そして、掛け声。たしかに、いいタイミングで声掛けている方は、勇気あるなあ、と思います。ある視点から見ると、たしかに会話ですものね(笑)。でも、わたしはムリです。。本物を目の前にしたら固まってしまって、声なんて発せられません。だけど、ライブの翌日に声が枯れていることがあるんです。キャー、とか、まさやーんとか、もしかしたらドサクサに紛れて(会場が沸いているときに)、無意識に叫んでいるのかも知れません。。
プロフィール

cherin

Author:cherin
日々のかけら、
移ろうおんな心を
気ままに書き綴っています。

ときどき
本・音楽・映画・旅などの
感想文も☆
・・・・・・・・・・・
about me
197*生まれの
はたらくおんな。

■favorite■
・山崎まさよし
・アロマテラピー
・本屋さんぽ

※本文・写真の
 無断転用・転載などを
 禁止します。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。