スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一夜明けて

ずっと揺れてるから、眠れなかった…。

都会のど真ん中なのに、大通りから一本入っているので、
窓から外を眺めても、誰も歩いていない…。

みんな、どこへ行ってしまったの?

と、思いつつ、近所のスーパーに買出しに行ったら、
レジに100人ぐらいずつ並んでいる。

食料の確保をするため、水やパン、おにぎりなどがすべて売り切れ。

しょうがないから、冷凍食品と果物を買い込んだ。

ガスも止まってしまった。震度5以上だと、安全ストッパーか何かが働いて、
自動停止するらしい。

自分で復活できる方法がホームページに出ていたけれど、こわいのでそのままにしておく。

もはや、余震が通常化しているので、揺れているのか、揺れていないのか分からないぐらい、
頭がふらふらしている。寝ていないし。

レジに並びながら、前後のおばあちゃんと話した。
「怖ろしかったですね…」「ほんとうに。東北はもっと怖いわね」
「一日一日を大切に生きないとね…」「そうですね…」などと話し合う。


昨日、震度5で揺れているとき、窓の外を見たら、駐車場が波打って、
車が浮いてた。

ずっと、ラジオの生放送を聞いていたのだけれど、
電話がつながらない状態で唯一の情報源だった。

もちろん、テレビも同時につけていたけれど、
ラジオの方が、人の息遣いが聞こえてきて、安心感があった。

それに比べて、テレビは「緊急地震速報」を何度も流し、
今から大地震が来るから備えてください、と繰り返す。

東北が震源ではない別の地震が中越でも起きたと言う。

そして、また大揺れ。

日本、大丈夫か?と真剣に怖くなった。

揺れるたびに、ドキドキするだけで、何をすればいいのか分からない。

これを機に、防災グッズはそろえた方がいいだろうなと思うけれど、
自宅で地震が起きるとは限らない。
今回の場合も、ほとんどの人が職場で地震にあった。
高層ビルで働いている友人は、それはそれは揺れ方が半端ではなく、
命からがら帰宅したらしい。

地下鉄に乗っているときだったら、暗闇を歩いて脱出しなくてはいけない。

できることなら、広い公園の中で暮らしたい。

地震のない国に引っ越したいとさえ思う。
それ以外にこの恐怖から逃れる方法はないのでは。

でも、いい話もあった。
母が、外出先で帰れなくなったら、そばを歩いていた大学生ぐらいの男の子が
道案内してくれて、ずっと一緒に駅まで歩いてくれたらしい。

無事に帰れたようなので、ひと安心。

しかし、ラジオのDJの方とか、テレビのアナウンサーの方とか、
仕事とはいえ、ぐらぐら揺れるなかで冷静に報道し続ける姿勢に頭がさがる。

プロ意識と使命感…。

尊敬します。

こうしている間も、ぐらぐら。
ちょっと、揺れるのに慣れてきた。

いちいち心配していたら心臓もたないし。

友達からのメールで「音楽を大音量でかけてライブハウスだと思えば」との提案が。

そうね。それぐらいの心の余裕が今は必要かもね。

地震

命の危険を感じました。
ぐらんぐらんと長い間ゆれ、棚の上の観葉植物やらなんらやが落ちてきた。

出かける予定だったけれど、午前中に体調悪くて家にいて、
のんきにお風呂入って、着替えて、メイクし終わったときに、
この大地震。

体調よければ、渋谷にいたはず…。

みんな歩いて帰ってるみたいです。

ケータイのメールや電話はまったく通じません。

かろうじて、同じキャリア同士の妹とは連絡が取れ、
会社から歩いて自宅に向かっているとのこと。

自然の前に、人間って無力だと、あらためて感じた。

余震が数え切れないほどあるので、酔ってしまう。
ゴンドラに乗っているみたい。

以前、買っておいた笛と懐中電灯と携帯ラジオをカバンにつめた。
念のため、帽子の中にタオルを入れたものをかぶっている。

ひとりで部屋にいると、家から飛び出したい衝動にかられるけれど、
外の方が危険らしい。

こんな時のために近所に知り合いがいればよかった。

遠くの親戚より…だね。

冬眠

夕方、ラジオをつけたら、絵本の読み聞かせをやっていて、
思わず集中して聞いてしまった。

登場するのは、母親クマと、まねっこばかりする子グマ。
寒くて食べ物がなくなってきたので、洞窟に入り、
枯れ葉のベッドの上で春までおやすみ…というストーリー。

人間だって、寒い冬に働き過ぎは禁物。
できれば、春まで寝ていたい。


…という言い訳をしつつ、雨も降っていることだし、
今日は一日部屋に引きこもっていようと思ったけれど、
一件、振込み忘れを思い出し、傘をさしてATMへ。
長い行列ができていて、並んでいる間、ぶるぶると寒さにふるえる。

人間界は、なかなか厳しい。

明日からは3月。
もう春です。花粉も飛びます。今年は通年の10倍らしい。

きのうから目がかゆい。

まさか…ね。
マスク族に仲間入りしませんように。

ひと山越える

ライブ良かった~と、あちこちにメールしたら、
「やっと戻ってきて良かった。ひと山越えたね」
「文面が明るくなったので、乗り越えたと思った」などと、言われた。

ひと山越える、乗り越える…。

なんとダイナミックな表現。まるで登山家。

そうか、それほど大きな心の葛藤がそびえていたのか。
自分では気づかなかったが。

まさやんの話をするたび、どんより暗いオーラを出していたとしたら、ごめんなさい。

でも、わたしの傷心はどうやら、約一年かけて癒えたようです(笑)。

また以前のようにライブを楽しめそう。めでたし、めでたし。

ONE KNIGHT STAND TOUR 2011

神奈県とNHKホール(2日目)に行ってきました~。

今回のツアーにおける初参戦の神奈県では、なぜかあまりピンとこなかったけれど、
NHKで、「ああ、やっぱり、まさやんのライブはいい(泣)」と感動しまくり。

席が二階席だったのも良かったのかもしれない。

11年前に初めてライブに一人で参加したワンナイトを思い出してしまって、
ツバメ、全部、~の並びで涙が止まらず。

マイクがいらないぐらい大きな声で歌うまさやんは、ずっと変わっていない。
ギターが歌い、声が鳴る。
そのことを再確認しました。

パンデイロやギター、自分の声で音を紡ぎ、サンプラーで重ねていく職人技に
男気を感じます。

最後に、「またライブにいらしてください」と頭を下げるまさやんに、
「歌い続ける限り、行くからね~」と心で叫びました。

5年ぶりのワンナイト。
ギターを抱え、ステージに一人立つ。

一見、地味だけど(笑)、とてつもない広がりを感じてしまう。
想像の余地があるというか、心が浮遊する。

しかし、「もうライブ行かない」と言っていたのは、
どこの誰でしょうね~。勝手なものです。

次は、ビルボード。
楽しみ♪♪

「♪」マークを二つ重ねるぐらい、素直な気持ちをキープしている
今現在の心の状態なら、誰かを好きになることも簡単にできそう。

地球にも自分にもやさしくできるはず。

ライブって、エコだわ。

セットリストは、つづきに記しておきます。

more...

プロフィール

cherin

Author:cherin
日々のかけら、
移ろうおんな心を
気ままに書き綴っています。

ときどき
本・音楽・映画・旅などの
感想文も☆
・・・・・・・・・・・
about me
197*生まれの
はたらくおんな。

■favorite■
・山崎まさよし
・アロマテラピー
・本屋さんぽ

※本文・写真の
 無断転用・転載などを
 禁止します。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。